【PC版】FF14レイドでの録画方法や必要なパソコンスペックを紹介【極・零式・絶向け】

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

レイドになるとホームサーバーに不在がちになるよっちんです。こんにちは。

高難易度コンテンツをプレイしていると、どこで壊滅した?とかどんなギミックが来ていたのかを見直すことは多々あると思います。

難しくなればなるほど見返して復習したいです💦

そこで、今回はパソコン版ですがレイド時に役に立つFF14ゲーム録画方法や録画に重要なパソコンスペックの紹介を行います。

オススメ録画ソフトも紹介しているのでぜひ最後まで読み進みてくださいね♪

目次

FF14レイド時のゲーム録画方法について

ここからはFF14のゲーム録画方法について紹介していきます。

標準録画機能を使う

Windows10以降、画面録画機能が標準搭載されています。[Windows]+[G]を押すことで、簡単に録画画面を表示することが可能です。

システム⇒ゲームから録画先のフォルダを確認・変更することも出来る

[キャプチャ] 画面の上部で、スクリーンショットやゲーム クリップが自動的に保存されるフォルダーの場所が表示されたセクションを確認できます。 [フォルダーを開く] ボタンを押して、この場所にすばやくアクセスすることができます。

ゲーム クリップを保存する場所を変更するには、エクスプ ローラーを使って、PC 上の任意の場所に [キャプチャ] フォルダーを移動します。 どの場所に移動しても、ゲーム クリップやスクリーンショットは引き続きこのフォルダーに保存されます。

FF14 MovieRecorder 2を使う

コチラはFF14装備趣味レーター等で有名な「俺Tools」さんが開発されたFF14 MovieRecorder 2という録画ソフトです。

FF14 MovieRecorder 2は基本的にはレイド向け録画ツールとなっています。

先ほどの標準録画とは異なり、ログがある場合は戦闘開始/終了ログから検知して自動的に戦闘を録画してくれます

めっちゃ便利だ!レイドやってたら録画ついつい忘れちゃうからカウントダウンとか連動してくれると嬉しいね!

また右側ログと録画バーはリンクしており、「このギミックなに?」と気になった時にログをクリックするとその時間までジャンプしてくれる優れものです。

ログは敵の以外にも抽出されるのでパーティーの行動をしっかりチェックできるので早期攻略も簡単になります。

FF14 MovieRecorder 2で抽出できるログ
  • 敵アクション
  • 死亡/蘇生
  • アイテム利用
  • バフ終了時
  • 敵セリフ
  • ダメージ
  • ヒール結果
  • デバフ終了
  • プレイヤー戦闘不能
  • アクション失敗
  • バフ効果
  • システム系
  • 大ダメージ
  • アクション実行
  • デバフ効果
  • チャット
  • 大ダメージ判定条件「100,000以上」など
  • 任意のキーワード
キルカメラ機能

キルカメラ機能が備わっているので、戦闘不能になったタイミングから数秒遡って録画ファイルを別に抽出することも出来ます。

えー最高じゃん・・・!

ソフトは無料でダウンロード出来るので、気になる方は以下にURLを記載していますので確認してみてください。

>>>FF14 MovieRecorder2はこちら

Youtubeライブ配信を行う(プライベート配信)

Youtubeライブ配信を行うことで、ゲーム画面を録画することも可能です。

ライブ配信の公開範囲をプライベートにすることで、URLを知らない人は入れない=自分だけの動画配信をすることが出来ます。

こちらは手間などは掛かりますが、ストレージ保存を行わないため容量も掛からないしSSD/HDDに優しいと良いことも多いです。

確認機能はFF14 MovieRecorder 2には劣りますが、この先動画配信も考えている人にはオススメな機能の一つとなっています。

FF14ゲーム録画をする際の注意点

HDDやSSDの寿命に注意

ストレージ寿命は一般的には、目安としてHDDは約3年、SSDは約5年以上といわれています。

録画を行うと大容量データを何度も書き換えしたりするので想定よりもストレージの寿命が短くなる可能性もあります。

よっちん

Youtubeライブならストレージ寿命に優しいのもこちらが理由になっていました。

パソコンのスペックがそれなりに必要

ファイナルファンタジー14はMMOオンラインゲームの中ではスペックは高めになっており、2024年7月に発売される「黄金のレガシー」では推奨スペックが引き上げられることが決定しました。

録画を行う場合は、通常ゲームプレイにプラスして録画処理を行うマシンパワーが必要になるのである程度のパソコンスペックが欲しいのが正直な所です。

録画優先して、ゲームがカクカクしたり落ちたりするのも嫌ですしね💦

FF14ゲーム録画にオススメなゲーミングパソコン

FF14黄金のレガシーのスペックアップに合わせておすすめしたいゲーミングパソコンを集めました。

GPUは「RTX4060」以上がオススメ(フルHDで最高品質OKなレベル)
録画保存先として追加SSDを推奨します。

今回黄金のレガシーのベンチマークが発表されて、パソコンスペックがおおよそ見えてきました。

FF14はGPUが重要になるのですが、RTX4060(エントリーモデル)なら安価でも高品質でプレイすることが可能です。

録画保存する場合は、何度も書き出しするためメインストレージで保存していると、最悪パソコンが起動しなくなる可能性があるので録画専用ストレージをオプション購入しておくと安心です

詳しい情報について知りたい方は以下の記事も併せてご参考ください。

とりあえず安くて良いパソコンが欲しい人

MDL_RH4060

  • Windows11Pro64bit
  • Ryzen 5 5500
  • 16GBメモリ
  • GeForce RTX™ 4060
  • 500GB SSD

予算:12万円~
セール価格:114,800円

メリット

  • 超コスパ!12万円モデル
  • 1面ガラスへのアップグレードもOK
  • メンテナンスも簡単

デメリット

  • FF14以外の高スペックゲームを遊ぶ際にはスペック不足になるかも

RTX4060を搭載したモデルで12万円はコスパが正直に最高すぎる・・・!1面ガラス(+3000円)にすると白と黒モデルが選べるので選択肢色の選択肢も広がります。

RTX4060を搭載しているので、フルHDなら高画質でも問題なく動作します。

CPUもGPUもエントリーモデルなので、FF14以外の高スペックが求められるPCゲームが発売された際には画質を落とさなければならないので、FF14だけしかプレイしないって人には逆にオススメ出来るモデルになっていますね

モニターやヘッドセット、キーボードなどがセットになったスターターモデルもこのタイプを使用しています。
>>>スターターモデルの詳細はこちら

\送料無料!CHECK NOW/

録画や動画配信も視野に入れるならミドルクラス

MDL_IH1474070

  • Windows11Pro64bit
  • インテル Core i7-14700F
  • 空冷CPUクーラー※
  • 32GBメモリ※
  • GeForce RTX™ 4070 12GB
  • 1TB SSD※

予算:25万円~

メリット

  • ハイスペックGPUで動画配信しながらレイドもOK!
  • ウルトラワイドや4Kも画質を落とせば問題なく動く
  • 高性能CPUなので録画してもパフォーマンスが落ちない

デメリット

  • 配信しない人やウルトラワイドモニター等を持っていない人はオーバースペック

動画配信などを行う場合にはある程度のCPUがGPUが必要になってきます。i7-14700FとRTX4070の組み合わせなら4Kやウルトラワイドモニターでも「非常に快適」をマーク出来るスペックだから、この先数年は黄金のレガシーを遊ぶスペックとしては安牌でしょう。

このスペックになってくると、フルHDモニターや動画配信をしない人にはオーバースペックになってくるので、余計な予算を掛けずに安いモデルを買ってハイデリン&ゾディアークフィギュアを買ってエクソダスエモートを楽しむのありかと!

よっちん

なるほど、4060と4070の差が4万円くらいなのか…

エクソダスエモートも欲しいから悩むよね・・・

\送料無料!CHECK NOW/

まとめ|PCでFF14ゲーム録画方法や必要なパソコンスペック

FF14でゲーム録画をする場合には、WindowsPCの標準録画を使ったり俺ツールさんのアプリを使ったりと好みに合わせて録画方法を選ぶことが出来ます。

Youtubeプライベート配信も難易度は高くなりますが、パソコンの寿命を延ばすという点ではオススメでした。

パソコンスペックは黄金のレガシーで上がっていますが、現在発売されているRTX4060(エントリーモデル)でも十分稼働するので、10万円台からゲーミングパソコンでFF14をプレイすることが出来そうです。

パソコンを使うことで、バトルコンテンツ以外にも便利なことがたくさんありますので拡張パッケージの際にはぜひゲーミングパソコンでのプレイも検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次