ガジェット 仕事

iPadをサブディスプレイに「Sidecar」で世界変わりました。

saidecarとはiPadをMacのサブディスプレイにできるめちゃくちゃ便利な機能です。

 

Macbookだけで作業していて画面の切替がめんどくさいっていう煩わしさから開放される。

Apple Pencilで液タブにもなるし、気軽にサブモニターを持ち運びできるという意味ではメリットしかありません。

接続は気軽にできるので是非一度試していただきたい。

 

Sidecarの使い方

iPadOS 13 に対応した iPad

色々iPadの対応機種がわかりづらいところがありますが、Apple Pencilが使えるiPadならなんでもOKと覚えておけば大丈夫です!

macOS Catalina に対応した Mac

  • MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2017 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
  • iMac Pro
  • Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

割と最近の機種に限定されているので、自分のMacが対応しているか確認はしっかりやりましょうね。

 

Sidecar接続方法

step
1
iPadをiPadOS 13以降 MacOSをCatalinaへアップデートする

step
2
iPadとMacを同じApple IDでログインしてください

step
3
MacからAirPlayでiPadを選択し接続

 

 

これでSidecarの世界に繋がります!簡単ですね!

 

Apple Pencilで液タブ化にも 周辺機器の相性がすごい

 

iPadがサブディスプレイにもなるし、photoshopなどのイラストアプリではApple Pencilも対応しているんです。

 

注意ポイント

※よっちんの絵が下手くそすぎてブログに載せられない出来栄え。

文字入力具合をご査収くださいw

 

若干の遅延はあるものの、文字入力やよっちんレベルのお絵かきを書くには十分でした。

 

Apple pencilに関してはこちらの記事もよかったらご覧ください。

参考【便利】Apple pencil と Excel の相性は最高。 iPadで仕事の効率を向上させる方法【レビュー】

このようなお悩みを解決します   本記事の内容 この記事を書いた人     近年ではペーパーレス化が企業で推進されており、タブレットを導入する企業も増えてきました。 パソコンとは違いタブレットは直感的 ...

続きを見る

まとめ

Sidecarは新時代のサブディスプレイです。

 

Macbookも将来はApple pencilが対応するのかもしれませんが、現在は未対応です

 

iPadがタブレットにもなるし、サブディスプレイにもなるし、液タブがわりにもなるという組み合わせは一度体験すれば離れられない体験になることは間違いありません。

 

Sidecarは間違いなく作業効率が向上するiPadOS一番の機能だと言えるでしょう。

 

大型モニターで仕事をする人
参考ノートパソコンをデスクトップ化!メリットや設定方法を解説

このようなお悩みを解決します     本記事の内容 この記事を書いた人 ノートパソコンって小さくて便利なんですが、逆にその小ささが不便だと思った事はありませんか? ノートパソコンは ...

続きを見る

 

-ガジェット, 仕事