ガジェット

MacbookAir M1 評判について【8GBモデル】

こんにちは よっちんです。

今回は2020年に新しく発売されたMacbookair M1 8GBモデルについての評判をまとめてみました。

今回のモデルはM1チップが新しくAppleより導入されました。

もともとIntelプロセッサCPUが内蔵されていましたが、パソコンの心臓部が新しく変わるということから、大勢の方が動向を気にされたのではないでしょうか?

1.本日のテーマ MacbookAir M1の各種評判についてまとめ

M1チップ

こんな方におすすめ
  • M1 チップってどうなの?
  • 処理速度は速くなったの?
  • Windowsブートキャンプ使えるの?
  • メモリ8GBでも大丈夫なの?

 

このような各疑問について評判をまとめてみました。

2・結論 M1 MacbookAir 非常に高評価が多いです。

Macbookair M1 のベンチマークはIntel製のMacbookProのどのモデルよりも最速スペックとなっており、さらに言えば2017年に発売したiMac Proと同性能といわれています。

Twitterでもこのように仰られています。

56万円のiMac Pro と 12万円のMacbookProが同性能って意味が分からないですよね。

そのくらいM1チップが高性能だという事が実証されております。

最小構成のMacbookAirでもIntel製MacbookProに圧勝する地点でヤバイです

 

3・起動が早い

M1チップと早くなったSSDのおかげで毎日の起動が早い

おかげでシャットダウンしても気にならないっていうレベル

スリープからの起動が爆速すぎる・・・

シャットダウンでも快適です!

そう言いました。

でもスリープ起動はもっと早いんです。

 

みなさんiPhoneのスリープ解除ってされたことありますよね

M1チップはiPhoneやiPadで磨かれたノウハウが詰め込まれた最強チップです。

Macのスリープ解除もボタン押すと瞬時に起動します。

一回これにハマってしまうともどれません。

パソコンの蓋開けるとすでにスリープ解除されてる状態。これ理解できますか?😂

次元の速さです

 

4・電池持ちが最大18時間という驚異の持続力

M1 MacbookAirはバッテリーが最大18時間持続する驚異の性能

スマホで磨かれた技術がここにも活かされています。

出先でガンガンMacを触っても減らないバッテリーなら充電器持ち運ばなくてもいいから荷物が減りますよね

5・聴こえないファンノイズ。 だってファンありませんもん

MacbookAir M1はファンレス仕様。

なので高負荷の作業をやってもファンの音が聴こえません。

従来のMacbookAirは動画編集やタブを複数開くと「フォーーーーーーン」と轟音が聴こえていましたが、M1 Macはファンレス

あまり推奨はできませんが寒い冬場、布団に潜って作業するのも可能です。

6・iPhone・iPadアプリ 動きます

M1チップはAppleアーキテクチャー言語。

つまりはApple製品と互換性があります。

Intelではできなかった、iPhoneで使っているアプリもM1チップなら動きます。

これって画期的。

7・これだけスペックアップしているのに価格は据え置き。

MacbookAir M1¥104,800
Macbook Pro M1¥134,800

MacbookAir M1は¥308,800のMacbookProと同等スペック

Macbook Proは¥558,800のiMacProと同等スペック

価格は過去のMacbook各種と据置ですが、コスパは

MacbookAirは約3倍

MacbookProは約4倍

と非常に大きく向上しました。

デスクトップ級のパソコンを持ち運ぶ時代になりました。すごいですね!

8・まとめ

M1 Macbookair ならブログも問題なし

以上がMacbookAir M1の評判をまとめた結果になります。

M1 Macは新しいパソコン時代を迎えた機種になりました。

iPhoneとの連携も素晴らしいことから、iPhone ❎  Mac のコンビネーションは今後目を離せない組み合わせになることでしょう。

こんな化け物マシンが10万円から手に入るなんて驚きですよね。

 

-ガジェット