仕事

RPA とは? 簡単な仕事は全部ロボットで出来るんです

2020年9月4日

悩む人
ううー 決算業務終わらないよー。 システムにも入力しないと・・・

今日も残業確定だー_:(´ཀ`」 ∠):

 

このようなハードワーク体験したことありませんか?

そんな仕事をロボットがやってくれる

 

それがRPAです

RPAとは

rpa-1

 

RPA(Robotic Process Automation)とは単純な入力業務をしてくれるロボットのことをいいます。

業務効率化や人件費を削減したり出来ることから近年、多くの企業がこのRPAに注目しています。

 

RPAは夢のロボット

 

 

社員募集

24時間365日 残業代なし 給料年間100万円

 

こんな募集の会社に誰も入りませんよね笑

でもRPAはそれをやってくれるロボット君なのです。すごく使い勝・・・すごく良い子ですよね

 

RPAは24時間365日、働いてくれるロボットです。

社員よりも費用が安く

社員よりも作業が早く

社員よりも長い時間働いてくれる

まさに夢のようなロボットですね

 

RPAが得意な作業

 

単純なルーティン作業

RPAは単純な作業を最も得意としています

エクセルへの入力・出力

メールの一斉送信

WEBデータの取り込み

同じ入力をしているのであればロボットの方が圧倒的有利です。

人間の操作にはムラがあり、集中力が切れるとミスが増えたりする反面ロボットは長時間の作業でも全然ミスがありません。

そんな作業をRPAに記憶させましょう

 

パソコン完結型作業

 

RPAソフトは一連の動作を記憶させます。そのためパソコンで業務が完結する作業にむいています。

EDIデータをWEBからダウンロード

データ作成

請求書作成

請求書メール配信

 

など日頃のルーティン業務などを記憶させることにより、絶大な力を発揮することが出来るのがRPAの強みですね

 

まとめ

RPAは単純なルーティン業務なら十分に対応することが可能です。

従業員が行っていた単純作業をRPAにさせることにより、従業員はさらにステップアップした業務を行うことが出来るので

会社にとってはメリットのある改革を行うことが可能です。

 

常に日頃から、改善を意識して、「この業務はRPA化出来そうだな」と考えることも非常に大切になります。

 

 

The following two tabs change content below.

よっちん

よっちんです。 社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。 皆さんに有益な情報を提供しています 趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

ディスプレイ記事




-仕事
-,