\ ポイント最大11倍! /

【2023年版】手土産の渡し方・選び方のマナー!おすすめの商品はこれを選べば間違いなし!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

お客さんへの手土産ってどういう風に渡せばいいの?何を買えばいいかもあまり良く分かってません💦

このような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する手土産の渡し方を実践すれば、お土産の渡し方、選び方はバッチリですよ!

なぜなら、私も実際にこの方法でお客様へ手土産を渡したり、手土産の調達を行っています。

記事前半では、手土産についての簡単な解説を、後半ではオススメな手土産について解説するのでじっくり読み込んでくださいね!

目次

手土産とは何か

手土産とは、人と会ったり、招かれたりした際に、感謝の気持ちやお詫び、挨拶などを込めて持参する贈り物のことを言います。

手土産は、相手の立場や関係性、場面などによって選ぶもので、贈ることでお互いのコミュニケーションを円滑にすることができます。

相手との商談をスムーズに行うための一つの手段ですね!

手土産の意味やマナーについて

手土産は、相手への感謝の気持ちや心遣いを伝える大切な役割があります。

手土産には、自分自身や自分の地域、文化を知ってもらい、親交を深めることも含まれます。マナーとしては、相手の立場や関係性、場面に合わせた手土産を選ぶこと、価値の高い贈り物は避けること、贈り物を包装する際には清潔で丁寧な包装を心掛けることが重要です。

ふむふむ。高いものが良いってわけじゃないんだね。

よっちん

地元の特産品を渡すことで、商談中の会話のネタにもなるので、一般的には地元商品を渡している企業も多いよ!

どのような場面で手土産を渡すべきか

手土産を渡す場面は様々あります。主なものとしては、お見舞いや病気見舞い、出産祝い、結婚式や披露宴、お祝い事やお礼、旅行のお土産などがあります。

また、訪問した際にも手土産を持参することが一般的で、自分が招待された際には、持参することがマナーとされています。ただし、持参する手土産は相手やシチュエーションに合わせたものを選ぶことが大切です。

手土産の選び方について

相手やシチュエーションに合わせた手土産の選び方

手土産を選ぶ際には、相手やシチュエーションに合わせて選ぶことが大切です。例えば、お歳暮やお中元のような季節限定の贈り物や、ワインやお酒などのアルコール類は、ビジネスシーンで渡す際には避けるべきです。

また、招待された場合は、主催者から指定された場合は、その指定に従うことがマナーです。相手の好みや趣味、ライフスタイルを考慮して、喜んでいただける手土産を選ぶことが大切です。

食べ物や飲み物以外の手土産の選び方

食べ物や飲み物以外の手土産を選ぶ場合は、バスグッズ、化粧品、香水、文具、キッチン用品、インテリア雑貨などが良い選択肢となります。相手の趣味やライフスタイルに合わせて選ぶとより喜ばれます

また、季節限定の商品や、その地域ならではの特産品なども選択肢の一つです。

特産品って言ってもそんなの調べる時間も…💦

一例を紹介しますが、旅行会社で有名なJTBショッピングサイトではカテゴリごとにお土産を選択できるようになっています。

地方特産や国内オススメランキングなど、旅行会社のリサーチ力を生かしたお土産を選ぶことが出来るので、迷ったらこちらのサイトで購入しても良いのではないでしょうか。

\無料会員でポイントもたまってお得!/


手土産を贈る相手の好みを把握する方法

相手の趣味やライフスタイルに合わせてって相手の好みがわからないんだけど…

相手の好みを把握するためには、まずは相手との会話を通じて趣味や嗜好、興味を探ってみましょう。

また、相手の職業やライフスタイルから、好みを予想することもできます。もし、何が好きかわからない場合は、普遍的なアイテムや季節限定の商品、その地域ならではの特産品を選ぶと良いでしょう

また、手土産は喜ばれることが目的なので、あまり悩み過ぎずに、自分のセンスや感性で選ぶことも大切です。

手土産の渡し方について

渡すタイミングや方法は?

手土産を渡すタイミングは、招待された際には、事前に相手に連絡を取り、当日渡すか、事前に送るかの確認をしておくことが大切です。

また、手渡す際には、相手の目の前で開封するのを待つことがマナーです。その他にも、会社の取引先や上司に手土産を贈る場合は、その取引先や上司に合わせて渡すタイミングを考える必要があります。

ギフトラッピングの方法

手土産を渡す際には、ラッピングをして贈ることが大切です。ギフト用の包装紙やリボンを使って、丁寧にラッピングすると相手にも喜ばれます。また、手渡す際には、袋に入れることもマナーです。

袋に入れることで、相手が手荷物を持つ手間を省くことができ、手土産が傷つくことも防げます。

メッセージカードの書き方

手土産を渡す際には、メッセージカードを添えることも大切です。メッセージカードには、簡単な挨拶や感謝の気持ち、手土産を選んだ理由、また、相手との今後のお付き合いを願う言葉などを書くと良いでしょう。

メッセージカードは、手土産を贈る際には欠かせないアイテムの一つなので、しっかりと書き込むようにしましょう。また、文字が汚くならないように、丁寧に書くことも大切です。

あまり文章書くの上手じゃないんで何書けばいいやら…

その他の手土産に関する注意点

持ち運びや保存に注意すること

手土産を渡す際には、持ち運びや保存に注意が必要です。特に、夏場や冬場などの気温や湿度が高い場合は、食べ物や飲み物が傷みやすくなります

また、脆いものや液体が入ったものは割れやすく、形が崩れたり漏れたりすることがあります。そのため、渡す前に包装をしっかりとしておくことが大切です。

また、持ち運びに適したサイズの手土産を選ぶことも大切です。大きすぎる場合は手荷物になってしまい、渡す側も持ち運びに不便を感じることがあります。

逆に、小さすぎる場合は手渡しになってしまい、相手に気づかれないことがあるため、適度なサイズの手土産を選ぶようにしましょう。

ああ、わかる!電車で来てるのに大きな手土産渡されたときにはちょっと困ったな…笑

よっちん

そうですね!交通手段とかも把握しておくと手土産の種類も探しやすくなりそうですね!

手土産の一般的な価格帯や数量について

手土産の価格帯や数量については、相手やシチュエーションに合わせて選ぶことが大切です。高価なものを贈りすぎると、相手に気を使わせてしまうことがあるため、適正な価格帯を考えるようにしましょう

また、数量についても、相手の人数や状況に合わせて選ぶことが大切です。例えば、会社の上司や同僚に手土産を渡す場合は、人数分の手土産を用意することが望ましいです。

一方、友人や家族に渡す場合は、一つあれば十分な場合が多いです。そのため、手土産を贈る相手やシチュエーションに合わせて、適切な数量を選ぶようにしましょう。

お客さんから甘納豆貰った時はちょっと困ったかな笑

よっちん

大人数に渡す場合には小袋に梱包されているお土産だと喜ばれますよ!

まとめ 手土産は奥が深い!

地域や文化によって異なる手土産のマナーや種類を把握しておくことは、ビジネスシーンや旅行などで役立ちます。特に海外への出張や旅行では、相手の文化に配慮して手土産を選ぶことが重要です。

以上が、手土産の選び方や渡し方についての基本的な知識や注意点です。手土産は、相手との関係性を深めるために大切なものです。ぜひ、この記事を参考にして、適切な手土産を選んで渡すことができるようになりましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次