ガジェット

音声入力の時代来てるかも。キーボードは古い?

 

悩む人
タイピングが遅くてブログが書けないもっと早くかける方法はないの

 

こんな疑問にお答えします


タイピングは it ビジネスでは必須でした

どれだけ早く文字が打てるかというのは自分の中でのステータスとして大変重要だからです

 

しかし今日では音声識別精度が飛躍的に向上し音声入力が主流となる時代になってきました

 

「パソコンは苦手だと思う人の大半の方は理由がタイピングができないからだという調査があった実際ソフトの操作と違いタイピングにはマニュアルがない操作を理解するのではなく自分の能力として身につけるしか方法がない一人一人異なるペースでの練習が必要になるのだ鉛筆で文字が書けるようになると同じようにタイピングも決して困難なものではないキーの配置を覚えローマ字になれその上で長めの文章の入力で練習していけば上手くなれる大切なことは焦らずきちんと正確にタイピングできるようになることだ」

イータイピング様より文章引用

 


 

この文章も音声入力で入力をしているのですが 識別精度や変換も自動で行なってくれます

ほんとすごい時代になりましたね

 

 

 

いつもタイピングソフトを使わせてもらっているサイトの長文の文章なのですが

日本語ワープロ検定初段を取得しているよっちんの文書の入力速度は1分28秒でした

 

それに対して Google 音声入力は25秒と異次元のスピードです

 

このスピードはタイピングが慣れていない方にとっては4倍から5倍以上になる作業スピードではないでしょうか 



音声入力方法 導入は簡単です

 

step
1
Google Chrome が必要になるのでダウンロードしましょう

 

step
2
マイクを準備しましょう

ノートパソコンの方は標準でマイクが搭載されていますのでそちらを使えば大丈夫

デスクトップの方はマイクがありませんのでマイクを購入するところから始めます

マイクに関しては低価格が物でも全然大丈夫です

 

 

 

 

音声入力は Google ドキュメントを利用します 

 

 

ドキュメントを選択し 新規枠ページを開きましょう

 

 

ツールから 音声入力を選択

音声マークのアイコンが出てきますのでクリックをして録音中の画面になると入力できる状態ですゆっくりしっかりしゃべりましょう



音声入力のメリットとは

 

トーク力が向上します

 

キーボードで文字を打つのと話すのは全然違います。

頭の中で理解したことをはっきりしゃべることはなかなか難しく、

言葉がまごまごしてしまいます。 そうすると音声入力では誤字になりますので

ミスなく、噛まずにしゃべることが必要になります。

 

音声入力を続けていくと話すことに慣れていき、頭の中で言いたいことがはっきりといえるようになり、噛むこともすくなくなります。

 

音声入力でトーク力を勉強して、youtubeで実践するっていうのもひとつの選択肢で

ありですね!



The following two tabs change content below.

よっちん

よっちんです。 社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。 皆さんに有益な情報を提供しています 趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

ディスプレイ記事




-ガジェット