【解決】Xserverビジネスで共有と専用サーバーの選び方を分かりやすく解説!

エックスサーバービジネスのプランって共有サーバーと専用サーバーがあるけどどっちを選べばいいんでしょうか?

このような悩みを解決します。

この記事をまとめると
  • Xserverビジネスの共有と専用プランのメリットデメリットが分かる
  • 当サイト限定の紹介サービスについてご説明
この記事を書いた人よっちん
経歴総務課勤務、経理業務に加えて会社HP,メール管理を兼任。サーバー管理歴5年で、エックスサーバー者のビジネスパートナープログラムに登録しており、分かりやすく解説いたします。

レンタルサーバーは一般的に、共用サーバーと専用サーバーの2つのプランに分かれています。

共用サーバーと専用サーバーって似ているようで、スペックや価格帯に大きな差があるんです。

自分の目的に合ったプランを選らばないと、後々でめんどうな作業が増えてしまうのでしっかりと選びたいものですよね。

当記事では、これからレンタルサーバーを検討しようとしている方に向けて、エックスサーバービジネスプランの共用サーバーと専用サーバーの違いについて詳しく解説を行います。

よっちん

エックスサーバービジネスはセキュリティや利便さに特化した法人向けプランです。一つずつ詳しく解説を行いますね!

目次

Xserverビジネスを選ぶ基準とは?

エックスサーバービジネスは、法人・企業様のビジネスをインフラ面から強く支えるレンタルサーバーサービスです。

高速かつ大量アクセスに強いサーバー環境なので、検索エンジン対策や表示遅延による離脱の低減などに効果が期待できます。

大量アクセスなど、高負荷に耐えやすいのがエックスサーバービジネスです

じゃあどんな人がエックスサーバービジネスを選ぶの?
なんか基準とかあるんだろうか

エックスサーバービジネスを選ぶ方は、こんな要望やお悩みを解決したい方です

エックスサーバービジネスを選ぶ人の特徴

  • ダウンしない安定したサーバーを選びたい方
  • Webサイトの表示を速くして機会損失をなくしたい
  • 安定性に配慮したWebサイトを運営したい
  • ノウハウと実績のある運営会社に管理を任せたい
  • サーバーの設定を正しくできるか不安な方
  • Webサイトの作成から公開までお願いしたい方
  • 手厚いサポートの返答が早いサービスを利用したい方

Xserverビジネスはこれらのニーズを満たすことが出来るレンタルサーバーです

その中でもエックスサーバービジネスを選んだ人が声を揃えてオススメしているのが、返答の速さやサーバーの操作を設定代行にて行ってくれるサポートの良さが人気の秘訣です。

よっちん

設定代行はサーバー管理の知識が無いかたでもレンタルサーバー運営が出来るようにエックスサーバー社が行ってくれるサービス。
これがめちゃくちゃ便利なんですよね!

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いについてはこちらの記事に詳しく解説をしていますのでよければこちらもご参考ください。

専用サーバーと共用サーバーのメリット・デメリットについて

ではさっそく本件のメインであるエックスサーバービジネスの専用サーバーと共用サーバーの比較についてご紹介します。

スクロールできます
特徴専用サーバー共用サーバー
価格高価格低価格~普通
利用者サーバーを独占出来るサーバーを複数人で使う
スペックハイスペック普通
拡張性カスタム可能一部可能
大量アクセス時対応可能弱い
価格30,000円~3,000円~
購入する購入する
各製品の比較

価格について

専用サーバーは共用サーバーと比べて全体的に高価格になっています。

逆に共用サーバーは1か月3,000円から利用できるのでコスパが良くなっています。

共用サーバースタンダードプレミアムエンタープライズ
初期費用16,500円16,500円16,500円
3ヶ月5,016円
4,012円
10,032円
8,025円
15,048円
12,038円
6ヶ月4,598円
3,678円
9,196円
7,356円
13,794円
11,035円
12ヶ月4,180円
3,344円
8,360円
6,688円
12,540円
10,032円
24ヶ月3,971円
3,176円
7,942円
6,353円
11,913円
9,530円
36ヶ月3,762円
3,009円
7,524円
6,019円
11,286円
9,028円
専用サーバーエントリーハイエンドハイエンド+
初期費用220,000円330,000円385,000円
3ヶ月39,600円
31,680円
73,700円
58,960円
79,200円
63,360円
6ヶ月36,300円
29,040円
68,200円
54,560円
73,700円
58,960円
12ヶ月33,000円
26,400円
61,600円
49,280円
67,100円
53,680円
24ヶ月31,350円
25,080円
58,300円
46,640円
63,800円
51,040円
36ヶ月29,700円
23,760円
55,000円
44,000円
60,500円
48,400円
よっちん

長期契約を行うほどお得になるのが、近年のレンタルサーバー代となっています。

当ブログから申し込むことで、ご紹介特典を受けることが出来ます!
12か月以上の新規対象者が対象で、申し込み時にご契約期間を1か月延長することが出来るようになりました!
お得にレンタルサーバーを導入したい方は是非ご覧ください

利用者について

エックスサーバービジネスの専用サーバーでは、ハイスペックサーバー機を一台独占して利用することが出来ます。

一方共用サーバーでは、複数のユーザーで、一台のサーバーをシェアして利用するために、ある程度スペックの制限が設けられます。

スペックの制限があるって実際どの程度影響があるの?

スクロールできます
特徴専用サーバー共用サーバー
CPU16コア
Xeon
E5-2630 v3
x 2
非公開
メモリ最大96GB非公開
SSD容量最大4TB最大500GB
各製品の比較

共用サーバーでは、1つのサーバーを複数の人数で利用するため、だれか一人がパワフルに処理をすると、ほかのユーザーにも影響を及ぼす可能性があります。例を挙げると、ホームページが遅くなったりなどの影響があります。

専用サーバーでは、最大16コアのXeonCPUを搭載、さらにはメモリを96GBまで拡張することが出来て、さらにそれを一人で独占することが出来るので、自分のホームページにアクセスが大量に来た時でも安定した運用を行うことが出来るんです。

よっちん

市販のデスクトップでも16GBのメモリとかなのに、凄い性能のサーバーが使えるんだね。

専用サーバーマネージドプランのメリット

エックスサーバービジネスでは、1台のサーバーを専用して利用することが出来る専用サーバープランがあります。

共用サーバーとは違い、ハイスペックのサーバーを利用することが出来るので、高負荷なサイトや大容量メールなど他のユーザーに影響されない、安定したサイト運営が可能となっています。

サーバー管理及び費用はすべて面倒を見てくれる!

エックスサーバーの専用サーバーはフルマネージメント型の専用サーバーとなっており、サーバーの管理及び費用は当社が行います。

よっちん

維持管理が不要で、なにかあったらサーバー管理や保守はエックスサーバー株式会社に行ってもらえます!

WEBやシステムに詳しくない担当者でも安心して利用できるのがGOOD♪

大規模アクセスにも耐える安定性

専用サーバーは他のユーザーに影響されないので、快適なサーバー管理をすることが可能です。

共用サーバーだと、ほかのユーザーが高負荷なアプリを起動した場合に自分のホームページのスピードに影響を及ぼす可能性がありますが専用サーバーは、自分ひとりでハイスペックサーバーを使用することが出来るので、高負荷なアクセスにも耐えることが出来るんです。

エックスサーバービジネスの専用サーバーではメモリが最大96GBもあるサーバーを使うことが出来るので、ちょっとの負荷では重たくならないマシンスペックを兼ね備えているのもポイントです。

大手サイトやアプリの開発をしている企業は、安定性のあるサーバーは必須ですね。

専用サーバーのデメリット

コストが掛かるため、導入が難しい

専用サーバーのデメリットはやはり、コストが掛かるという面です。

しかし、サーバーの保守やメンテナンスをエックスサーバー株式会社が担当してくれることにより、システムに詳しい担当者が不在な職場でも簡単に導入することが出来ます。

セキュリティやサポートがしっかりしている面で、中小企業や大企業の法人様に利用されているプランとなっています。

また、専用のサーバーを準備する必要があるため、申し込みをしてから少し時間が必要なのもデメリットの一つとなっています。

プランの変更が出来ない。

専用サーバーでは、一台のサーバーを運営しているため、他の料金プランに変更することが出来ません。

料金プランを考えて選ぶとよいでしょう。

エックスサーバービジネス共用サーバーとは

エックスサーバービジネスでは、1台のサーバーを複数のユーザーとシェアして利用することが出来る共用サーバープランがあります。

先ほど解説した専用サーバーとは違い、複数のユーザーでサーバーを使うことで低コストでサーバー運営を行うことが可能となっています。

また、契約開始からすぐ利用することが出来るのも共用サーバーの強みです。

コストが安いため気軽に導入できる

エックスサーバービジネスの共用プランはスタンダード、プレミアム、エンタープライズの3つのプランに分かれており、最低3,700円台でスタートすることが可能です。

先ほどの専用プラント比べて1/10程度のコストの安さから、共用プランで申し込みを行っている企業も多いです。

共用サーバーのデメリット

共用サーバーは、他の人とサーバーパソコンを共用しているので、万が一他人責任でサーバーの処理が重たくなったとしたら、自分のホームページやメールサーバーに影響があるのがデメリットの一つです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次