\ 最大10%ポイントアップ! /

お風呂で読書したら本がふやけて困る!おすすめツール紹介【解決法あり】

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

私にとって、一日の疲れを癒す最高の時間と言えば、お風呂での読書です。湯船に浸かりながら、静かにページをめくるそのひととき。それはまるで、日々の忙しさから解放される、特別な瞬間です。

しかし、この幸せな時間には、ある大きな問題が潜んでいます。

そう、それは本の水濡れのリスクです。

私自身、家族に「また本を濡らしたのか!」と怒られた経験が何度もあります。大切な本が水でふやけたり、ページが破れたりするのは、読書家にとっては心が痛む瞬間。お風呂での読書は確かに至福の時間ですが、愛読書を守るためには、いくつかの工夫が必要かもしれません。

この記事では、お風呂での読書をより快適にするためのアイデアをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

お風呂での読書。良いこと、悪いこと

一人の時間を確保。気持ちよく読書が出来る。

お風呂での読書は、一日の忙しさから解放され、心地よいバスタイムを楽しむ絶好の機会です。暖かい湯船に浸かりながら、好きな本を読むことは、心身ともにリラックスする効果があります。自宅の快適な浴室は、外の世界から切り離されたプライベートな空間。

ここでは、日々の喧騒を忘れ、一人だけの贅沢な時間を過ごすことができます。読書は、ストレス解消や心の安定に役立ち、豊かな想像力を育む活動です。湯船に浸かりながら、好きな物語に没頭することは、日常を忘れさせる特別な経験となるでしょう。

本が湿気でふやける

お風呂での読書には注意が必要です。特に、湿気は紙の本の大敵。浴室の湿気は、ページをふやけさせ、インクが滲む原因になります。また、手が滑りやすい環境では、本を落としてしまうリスクも高まります。湿気によって本の品質が損なわれると、読書の楽しみも半減してしまいます。

【解決策】デジタル読書や防水ツールを使おう

ここで紹介するのは、Kindleやオーディブルのようなデジタル読書ツールです。これらは水濡れの心配がなく、湯船の中でも安心して使用できます。また、紙の本を持ち込むための防水カバーもあり、これらを活用することで、読書の楽しみ方が格段に広がります。

Kindle

kindleのメリット

  • 本が濡れないので浴槽で気軽に読書が出来る
  • 片手でページめくり出来るから便利
  • 防水タイプのタブレットで浴槽への落下も安心
  1. 浴槽での読書が可能:Kindleの一部モデルは防水機能を備えているため、浴槽での読書が可能です。この機能により、本が濡れる心配がなく、リラックスした環境で読書を楽しむことができます。
  2. 片手でのページめくり:Kindleは片手操作が容易なデザインになっています。これにより、通勤時の電車内や寝転びながらなど、片手がふさがっている状況でも快適に読書が行えます。特に、物理的なページめくりに比べて、画面を軽くタップするだけで次のページに進むことができるため、利便性が高いです。
  3. 防水タイプで安心:防水タイプのKindleやタブレットを使用することで、水場での使用時にも安心感が増します。万が一浴槽に落としてしまっても、水による損傷のリスクが低いため、浴室など水周りでも気軽に使用できるのが大きな利点です。

オーディブル

audibleのメリット

  • 本を持たなくていいからハンズフリーで読書が出来る
  • 湯船に肩まで漬かりながら聴書が出来る
  • 身体を洗いながら聴くことも◎
  1. ハンズフリーでの読書体験: Audibleはオーディオブックサービスであり、実際に本を持つ必要がないため、多忙な日々の中でも読書を楽しむことができます。例えば、通勤中や家事をしながら、または運動をしているときでも、耳を使って本を「読む」ことができます。
  2. リラックスした環境での読書: 湯船に肩までつかりながら、オーディオブックを聴くこともできます。これにより、リラックスした状態で読書を楽しむことができ、特に忙しい日々を過ごしている人にとっては、心地よい休息の時間となり得ます。
  3. 多様なシチュエーションでの利用可能性: 身体を洗いながらなど、普通の読書では難しい状況でも、Audibleを利用すれば読書を続けることができます。これにより、日々の様々なシーンで読書を取り入れることが可能になります。

防水カバー

防水カバーは、紙の本をお風呂で読むための便利グッズです。透明なので読みやすく、価格も手頃なものが多いです。種類も豊富で、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

よっちん

必ず濡れないということではないので、取り扱いには十分注意しましょう!

生活便利グッズ カラフル
¥1,580 (2024/01/24 23:35時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

お風呂で読書する際のポイントのまとめ

デジタルツールと防水カバーの選び方について、耐水性、使いやすさ、価格の観点からメリットとデメリットを考慮して選択することが大切です。以下に具体的なポイントを説明します。

デジタルツール

  1. 多機能性:デジタルツールは、読書以外にもインターネットの利用、アプリの使用、メモの取り込みなど、多様な機能を持っています。
  2. コンテンツの豊富さ:電子書籍やオンラインリソースへのアクセスが容易で、コンテンツの種類が豊富です。
  3. 持ち運びの便利さ:複数の書籍や資料を一つのデバイスで持ち運べるため、場所を取らずに済みます。
  1. 価格:高機能なデジタルデバイスは価格が高くなる傾向があります。
  2. バッテリーの問題:使用時間が長くなるとバッテリーの消耗が早くなり、定期的な充電が必要です。
  3. 水濡れに対する脆弱性:防水機能がない場合、水濡れによる故障のリスクがあります。

防水カバー

  1. 防水性:水辺や屋外での使用時にデバイスを保護し、水濡れによる故障を防ぎます。
  2. 低価格:デジタルデバイス自体よりもはるかに安価で、手軽に導入できます。
  3. 汎用性:さまざまなサイズや型のデバイスに適用できる汎用性の高いものが多いです。
  1. 操作性の低下:カバーをしていると、デバイスの操作性が若干低下することがあります。
  2. デザインの制約:カバーによってデバイスのデザインが隠れてしまうことがあります。
  3. 耐久性の問題:安価なカバーは耐久性が低い場合があり、定期的な交換が必要になることもあります。

お風呂での読書は、日常から少し離れてリラックスできる素晴らしい時間です。上記で紹介したツールを活用することで、水濡れによるストレスから解放され、より快適な読書ライフを送ることができるでしょう。

ぜひ、あなたに合った読書ツールを見つけて、素敵なお風呂時間をお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次