\ ポイント最大11倍! /

COD MW3おすすめゲーミングPC!推奨スペックやおすすめ周辺機器を紹介

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
  • CODは快適にプレイしたい
  • ゲーミングパソコンの選び方が分からない
  • 予算に合わせてパソコンを購入したい
  • 購入するときのポイントがしりたい

そんな悩みを抱えているあなた、適当にパソコンを買えばいいって思っていませんよね?

あなたが画面の前で「う~ん…」と悩む時間、僕が短縮しておきました。

CODMW3をまえにゲーミングPCを手に入れて、快適にFPSをプレイしませんか?

この記事では、ゲーミングPCの選び方がわからなくて困っている方に向けて以下を提供します。

この記事の内容
  • COD MW3推奨スペック
  • 快適に遊べる条件
  • COD MW3おすすめゲーミングPC紹介
PC版オススメ!

\ 用途・スペック別に紹介! /

COD MW3はXBOX PS5 PC などクロスプラットフォームで遊べるオンラインRPGゲームとなっています。

その中でもPC版はPS5などの家庭用ゲーム機と比べて高画質・高品質なゲーム映像を楽しむことが出来るからゲーム機よりも良い環境でプレイをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、COD MW3がストレス無く遊ぶことが出来るオススメゲーミングパソコンを紹介したいと思います。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\ 用途・スペック別に紹介! /

目次

今ゲーミングパソコン購入すると早すぎる?

2023年秋に発売するんだったらまだ買わなくてもいいんじゃない?

このように考える方もいるのではないでしょうか?

将来の高騰や品薄を避けれる!

ゲーミングパソコンの市場は非常に変動が激しいものです。特に新作ゲームの発売前後は、需要が高まり、価格が高騰する傾向にあります。また、人気のグラフィックカードは品薄になりがちです。今のうちにRTX 4070などの良スペックを搭載したパソコンを手に入れておけば、将来的な高価格化や入手困難な状況を回避できます。

ゴースト君

人気PCゲームが発売する前には、パソコンの購入は絶対集中します!
これは過去パソコンを購入して痛い目を見た私が言うので、断言出来る…!

RTX4060やRTX4070はミドルクラスのコスパの良いグラフィックボードです。

発売日ギリギリにパソコンを買う。その時グラボの在庫が無かったらどうします?

予算オーバーで超ハイスペックのパソコンを買うか、妥協して旧世代のグラボ入れるか。 ワクワクしているのに、そんな余計な事考えたくないですよね?

一度失敗して後悔した私だからこそ言えます。今からしっかりパソコン周りを固めて、発売日に向けてテンションを高めましょう!

安価なパソコンから納得のいくハイスペックPCまで、もし今買うんだったらこんなゲーミングパソコンが良いよ!というものも紹介していきます。

COD MW3が動くパソコンの動作環境について

COD MW3が発表され、必須動作環境が見直されスペックアップが求められています。

COD MW3では動作環境が大きく見直しされているので、今まで動いていたPCでも動作がしんどくなるのが予想されます。

Call of Duty: Modern Warfare IIIのマルチプレイヤーのプレイに求められる必要スペック:

OS: Windows 10 64 Bit (最新アップデート)
CPU: Intel Core i3-6100またはAMD Ryzen 3 1200
RAM: 8 GB
ストレージ容量: COD HQとマルチプレイヤー用にローンチ時点で79 GBの空き容量があるSSD(COD HQが既にダウンロード済みの状態で34 GB)
高解像度アセットキャッシュ: 最大32 GB
ビデオカード: NVIDIA GeForce GTX 960 / GTX 1650またはAMD Radeon RX 470
ビデオメモリ: 2 GB

ゲーミングPCのココを知っておこう!

GeForce引用

FPS値(フレームレート)とは、1秒間に表示される画像(フレーム)数を表す単位で、「fps(frames per second)」の略です。たとえば、60fpsは1秒間に60枚の画像が表示され、240fpsは1秒間に240枚の画像が表示されることを表します。

ゲーム中でのフレームレートは「画面のなめらかさ」につながっていてフレームレートの数値が高ければ高いほどゲーム操作が快適になります。

ゴースト君

フレームレートが高い方が回避しやすくなるぞ!

パソコンがハイスペックになるとCODはどんな風に快適になる?

高画質でリアルな体験が出来る

パソコンのスペックが高いと、高画質処理にも耐えることが出来るので最高画質でゲームをプレイ出来ます。

CODは何といってもコンテンツの迫力さが魅力的。

スペックを上げることで、景色がかなり変わってくるんですよね。

ゴースト君

実際に画像を見てみると一目瞭然だな!

最小設定
最高画質設定

ご覧のように、最高画質だと地面の凹凸やコンクリートの質感、遠い景色のテクスチャなどすべてにおいて質感が上がっています。

最小設定でもゲームは出来るんですが、この小さな積み重ねがとても大事でCODの画質、世界観に繋がっています。

なるべく安く遊ぶなら「おすすめ低価格モデル」

スクロールできます
商品デザイン特徴公式サイト価格CPUメモリGPUSSD評価
SEVEN
ZEFT R57C
メンテナンスに優れたケース
スリムドライブ搭載でコンパクト
詳細を見る199,800円
219,800
Ryzen™ 7 770032GBRTX40601TB
FRONTIER
FRGAG-B760
メンテナンスに優れたケース
効率的な排気設計
詳細を
見る
209,800円i7-13700F16GBRTX40601TB
SEVEN
ZEFT Z45F
シンプルなデザイン
効率的な排気設計
詳細を
見る
199,800円
226,800
i5-14600KF16GBRTX4060Ti1TB
各製品の比較

20万円前後で購入する際のポイントは、GPUとメモリをチェックしましょう。
RTX 4060だと100fps近く出せるのスペックがあるから高品質は手堅い
また、16GBのメモリがあるからサクサクした快適動作でプレイ出来ます。

SEVEN ZEFTシリーズ R57C ゲーミングPC

  • CPU:Ryzen™ 7 7700
  • GPU:GeForce RTX 4060 16GB
  • メモリ:32GB (16GB x2) 
  • ストレージ:1TB NVMe Gen4
219,780円(税込)
特徴
  • ダストカバーで簡単メンテナンス。掃除が簡単
  • スリムドライブでコンパクト
キャンペーン情報
  • 最大24回まで分割手数料0円
  • 年末年始ウルトラ還元祭で最大86,000円相当OFF
    期間:2023.12.13~2024.1.8

SEVEN ZEFTシリーズで最新ケースのR57Cですが、RTX4060 16GBを搭載しているので安価だけど推奨スペックを簡単に上回ってくるコスパの良いモデル。

16GBメモリはかなり優秀でフレームレートの落ち込みも少ないです。色々調べものしながらCODをプレイしたい方にオススメですね!

ダストカバーがあるので、掃除が簡単なのもかなり使い勝手がいい!

マイニングベース ASTROMEDA GAMER

  • CPU:Ryzen 5 7600X
  • GPU:GeForce RTX 4060 8GB
  • メモリ:16GB (16GB x1) 
  • ストレージ:1TB NVMe Gen4
189,800(税込)

このPC構成は、コストを抑えつつも「COD」のようなグラフィックス重視のゲームを快適にプレイするために最適化されています。キーポイントは、バランスの取れたパフォーマンスとコスト効率です。

まず、中核となるCPUには「AMD Ryzen5 7600X」を採用しています。このプロセッサは、優れたマルチタスク性能と高いゲーム性能を持ち合わせており、CODのようなFPSをスムーズに動かすのに十分です。さらに、GPUには「GeForce RTX 4060 8GB」を選択。このカードは、ハイレベルなグラフィックス設定でも快適なフレームレートを提供します。

少しスペックにこだわるなら「おすすめ高コスパモデル」

スクロールできます

FRONTIER
FRGLB760

SEVEN
Z36Flow

FRONTIER
FRGBLZ790
OSWindows 11 HomeWindows11Windows11
CPUCorei™7-13700FCore™i9-13900FCore i7-13700
水冷CPUクーラー
メモリ32GB(16GB×2) 32GB DDR532GB (16GB x2)
GPUGeForce RTX 4070 TiGeForce RTX™ 4070TiGeForce RTX 4070
ストレージ1TB NVMe SSD1TB SSD NVMe Gen.41TB NVMe対応
M.2 SSD
価格309,800円326,800
374,800
329,800円
詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各製品の比較

30万円前後で購入するモデルはRTX4070が主力となります。松竹梅でいうと松よりの竹レベルですね!
RTX 4070は推奨環境から2倍のスペックがあるから最高品質は確実といっていい
また、メモリも32GBと鬼のようにモリモリだからサクサクした快適動作でプレイ出来ます。

SEVEN ZEFT Z45F

フルサイズのアクリルサイドパネルで、組み込んだドレスアップパーツがより映えるデザインです。Core i5-14600KFをCPUとして、16GBのメモリ、そして1TBのSSDを持つこの構成は、価格を抑えつつも高い基本性能を提供。CODをはじめとする新しいゲームを快適に遊べるのが特長です。

また、GeForce RTX 4060TiというミドルクラスのGPUも魅力的な要素の一つ。240fpsを追求する高いフレームレートを、手ごろなコストで実現できるので、CODをしっかりと楽しみたい人にぴったりの選択と言えるでしょう。

【240fpsで遊べる】CODMW3おすすめのゲーミングPC

SEVEN ZEFT Z36Flow

  • CPU:Ryzen 7 7800X3D
  • GPU:GeForce RTX 4070 Ti
  • メモリ:32GB (16GB x2) 
  • ストレージ:1TB M.2 NVMe
359,480(税込)

このPCは、Windows 11 Home 64bit版、高性能なAMD Ryzen 7 7800X3Dプロセッサー、32GBのRAM、NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiグラフィックカード、1TB M.2 NVMe SSDなど、非常に高い性能を持つパーツが搭載されています。

特にGeForce RTX4070 Tiは高コスパのGPUで「Final Fantasy XIV」を240fpsで非常にスムーズにプレイできるでしょう。

TSUKUMO G-GEAR GA7J-R237

前面パネルには高速転送に対応したフロントUSB3.0コネクタを標準搭載しているので、アクセスがとても簡単です。

筐体上部に滑り止めの付いた便利な小物置き場があったりと、ユーザー目線に立ったパソコン作りが特徴のデザインとなっています。

このモデルでは、CPUとしてCore™i7-14700KFを搭載し、さらにGPUとしてGeForce RTX 4070 Tiを採用しています。これにより、Final Fantasy XIVを高フレームレートでスムーズに楽しむことができます。

価格別 CODMW3が遊べるゲーミングパソコンメーカー一覧

今回推奨スペックが変更されたので、ゲーミングメーカーとオススメ価格帯ごとにオススメPCを分別しました。

ゲーミングパソコンを検討している方は一度ご確認ください♪

SEVEN

SEVENのゲーミングPCブランド『ZEFT』シリーズは快適なeスポーツやクリエイティブ、ゲーム向けのPC環境をお届けします。

定番モデル、メジャーゲームタイトルに対応したモデル、ハイエンドモデル、低価格モデルなど、ニーズに合わせたゲーミングPCをご用意いたします。
安心の日本国内製造・サポート。全パーツでカスタマイズが可能、カスタマイズで選べるパーツはすべて当店で相性のチェック済み。 ベテランスタッフが組立てを行い、丁寧に動作確認してお届けいたします。

公式HP引用

SEVENさんの良いところは豊富なカスタマイズが可能という点です。

ゲーミングPCの筐体も数種類から選択することが出来るので、シンプルだけどゲーミングPCにしたいって方には最適。

SEVENさんはセールを結構な頻度でやっているので、自分の狙っているPCが安く購入できそうですね!
フロントパネルが開くタイプなので、誇り掃除がメチャクチャ簡単です!

ゴースト君

SEVENさんのサイトはとても見やすく設計されているので、欲しいパソコンを見つけることが出来るのが良い!

専用のマグネットフィルタや下部の引き出しフィルタのおかげでめちゃくちゃ掃除が楽なのがGOOD

\セールでお得にお買い物/

FRONTIERゲーミングPC

FRONTIERは1993年に誕生したパソコンのブランドです。
当初より、一貫して国内での組み立て・検査体制を貫いているので安心感がハンパない!

パソコンの心臓ともいえる電源装置に内蔵されているコンデンサーを日本製にするなど、より高品質な部品を採用していたり、み立て後の検査に多くの時間をかけ、長時間の高負荷検査や厳しい外観確認を行っています。

公式HP引用

さて、FRONTIERのGAシリーズですが、メーカーモデルのミドルクラスの性能を発揮するシリーズとなります。

エアフローに優れたPCケースを使用しているので、後負荷時のゲームにも冷却性能を維持することが可能です。

外部入力端子が本体上部に設置しているので、床置きしていてもアクセスがしやすいのが地味にうれしいポイント。

専用のマグネットフィルタや下部の引き出しフィルタのおかげでめちゃくちゃ掃除が楽なのがGOOD

ゴースト君

ゲーミングPCって色々接続するアイテムが多いので、使いやすいって大事!

\初級者から上級者まで使いやすいPC/

/暑中見舞いセールでお得\

パソコン工房 LEVEL∞ M-Class

LEVEL∞ Mシリーズは、コンパクトなミニタワーMicroATXフォームを採用したゲーミングベースパソコンです。
LEVEL∞ Mはシンプル・コンパクトを体現するミニタワーケースを採用。電源ボタンやUSB端子等のインターフェースを側面に配置し、全体的にスッキリした造りとなっております。ミニタワーケースでありながら、ゆとりある内部マージンを持ち併せているので、様々なカスタムにも対応します。

公式HP引用

パーツショップでおなじみのパソコン工房からM-Classが登場。

コンパクトサイズでもハイスペックなパソコンが欲しい。そんな方にお勧めのM-Classは巨大になりがちなゲーミングPCを設置できない方にお勧めな一台。

ゴースト君

人気声優やインフルエンサーとのコラボモデルがあるのもマウスコンピューター独自のポイントで面白いですね!

ゲーミングPCいつ購入するといい?

ゲーミングパソコンの購入タイミングですが、基本的には発売日近くに購入するのが良いと一般的には言われています。

パソコンデータの引越しや設定などの時間も必要になるので出来れば早めに買っておきたいところです。

ゴースト君

円安になりつつある今、パソコンの価格が高騰しているので可能な限り早めの購入がオススメと考えます。

どのゲーミングPCにするか悩む方にはコチラをおススメ!

私がおススメするのはSEVENさんのシリーズです!

なんといってもコスパが良いのがうれしいですね!

最近のゲームは非常に大容量データになってきており、500TBでは正直不安です。ですが1TBもあると安心できる容量ですよね! ほかのメーカーで1TBを組むとどうしても20万円の予算を超えがちなので、20万円以下でSSD1TBはマジでお買い得です。

専用のマグネットフィルタや下部の引き出しフィルタのおかげでめちゃくちゃ掃除が楽なのがGOOD

ゴースト君

冷却はゲーミングPCにとってとても重要。なにより外部接続端子のアクセスが良いのが気に入っているぞ!

\初級者から上級者まで使いやすいPC/

\セールでお得にお買い物/

FPSで強くなりたい方は必須!おすすめ周辺機器を紹介

FPSでもっと強くなりたい!そんな方は周辺機器の選択から始めましょう。キーボードとマウスを変えるだけで、ゲーム内の反応速度・精度・快適性がかなり変わります。

ここでは、FPSプレイヤーにとって必須となる、高性能で信頼性の高いゲーミングマウスとキーボードを紹介します。

ゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードは高速で正確な入力が可能になります。

普通のキーボードと大きな違いは、同時押しでも打ち間違いが発生しないこと。FPSってかなり細かな操作が必要になるからタイピングミスはかなり命とり。

ゴースト君

打ちやすくて同時押しでも正確に操作できるキーボードのほうが有利になるんですよね!

  1. 高DPI/高精度センサー: より速く、正確なカーソルの動きを可能にします。
  2. カスタマイズ可能な追加ボタン: ゲーム内アクションを素早く実行できます。
  3. 調節可能な重さ: 個人の好みに合わせてマウスの重さを調整できます。
  4. 人間工学に基づいたデザイン: 長時間の使用でも手の疲れを軽減します。
  5. RGB照明(カスタマイズ可能): マウスの外観をカスタマイズし、ゲーム体験を個性的にします。

これらの特徴は、FPSゲームでの反応速度、精度、快適性を向上させ、プレイヤーのパフォーマンスを高めます。

まとめ ゲーミングPCは快適操作が出来るスペックを選ぼう

最後に今回紹介したゲーミングPCのおさらいです。CODMW3より更なるスペックアップが求められるようになりました。現行PCで動作に不安がある方は事前にパソコンの導入を検討しましょう。

いかがだったでしょうか。

私もゲーミングPC+ウルトラワイドモニターを利用していますが、めちゃくちゃ快適でギミックミスを減らすことが出来ました!

ゴースト君

快適に遊びたい、ミスを減らしたい。そんなあなたにゲーミングPCはCODの楽しみ方をさらにワンランク上げてくれますよ♪

>>>>オススメゲーミングPCリストはこちらからジャンプ

よろしければゲーミングPCと合わせてウルトラワイドモニターやコントローラー記事もご参考ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次