\ 最大10%ポイントアップ! /

100万円が4億円に!もし過去に戻れるなら…エヌビディア株を買いたい!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

最近、エヌビディアの時価総額が世界首位になったというニュースがありましたね。もし10年前に戻れるなら、間違いなくエヌビディアの株を100万円分買っていたでしょう。なぜなら、その100万円が今頃は4億円になっていたかもしれないからです!

目次

エヌビディアとは?

エヌビディア(NVIDIA)は、アメリカにある半導体メーカーです。特に、GPU(Graphics Processing Unit)と呼ばれる画像処理に特化したチップの開発で有名です。

なぜエヌビディアの株価は上がったのか?

エヌビディアのGPUは、最近話題のChatGPTのような生成AIの開発に欠かせない存在です。AIが複雑な計算をするには、GPUの高い処理能力が必要なのです。

AIの需要が高まるにつれて、エヌビディアのGPUの需要も爆発的に増加。その結果、株価が大きく上昇し、時価総額で世界トップの企業にまで上り詰めました。

過去に戻れるなら…

もし10年前に戻れるなら、迷わずエヌビディアの株に100万円を投資していたでしょう。当時の株価は約20ドルでしたが、現在は約410ドル。つまり、100万円が4億円になっていた計算です。

もちろん、過去に戻って投資をすることはできませんが、この例は、テクノロジーの進化がいかに私たちの生活や経済に大きな影響を与えるかを示しています。

10年前の株価と比較する

10年前、2014年の株価と比較してみましょう。

企業名2014年終値2024年6月18日終値
Apple約90ドル約180ドル
Microsoft約45ドル約320ドル
Google約530ドル約120ドル
Amazon約310ドル約130ドル
Facebook約75ドル約270ドル
Nvidia約20ドル約410ドル

一目瞭然ですね。エヌビディアの株価は10年前の20倍以上に跳ね上がっています。AIの重要性が叫ばれる中、GPUの需要は爆発的に増加。エヌビディアはその波に乗り、驚異的な成長を遂げました。

今後のエヌビディア

エヌビディアの成長は、まだ止まりそうにありません。AI技術はますます進化しており、それに伴いGPUの需要も高まるでしょう。エヌビディアは、今後も世界をリードする企業であり続ける可能性が高いと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次