ブログ

【解決策】要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 と表示された時の対処法

悩む人

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

って表示されましたがこれって大丈夫なのでしょうか?

このようなお悩みを解決します    

本記事の内容

こんな悩みを解決!

  • ads.txtファイルの問題発生を解決
  • Google推奨設定なので忘れずに行いましょう

この記事を書いた人

この記事を書いた人サーバー

Yocchin(@blog_lab_

ブログを初めて1年。ブログのおかげで経理意外のことを学び、社内のシステム担当者になりました。

現在はリクルートページの作成を担当しています。

アドセンスに合格した!って喜んでいるのも束の間でいきなりこのようなエラーが表示されて驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか

本記事ではads.txtファイル問題が発生した時の問題解決を説明しますね。

よっちん

エラー出てどうしよう💦って焦っちゃいますが割と簡単に解決できるエラーなので落ち着いていきましょう

ads.txtってなに?

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。
ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

AdSenseヘルプサイト引用

簡単に要約すると、過去に違法広告が多発して問題になったから、自分のサイトにads.txtを設置してくださいということです。

このads.txtの設置はGoogleから推奨されているので、義務ではありませんが設置するようにしましょう。

ads.txtを自分のサーバーに設置する方法

ではさっそくads.txtを設置してみましょう

ads.txtをダウンロードする

アドセンスページに移動し、エラーが表示されている部分の「今すぐ修正」を選択しましょう

ads.txt1

下記のページに移動しますので「ダウンロード」を選択しましょう

ads.txtファイルがダウンロードされれば成功です

サーバーにads.txtをアップロードしましょう

ads.txtをアップロードする方法は、サーバーパネルから設定を行うのと、ファイルマネージャーから直接データをアップロードする方法の2パターンがあります。

どっちを選択していただいても問題ありません。

サーバーパネルからアップロードする場合

わたしはエックスサーバーと契約していますので今回はエックスサーバーを参考に設定を行います。

ads.txt設定を選択します

ads.txtをアップロードしたいドメインを選択しましょう。

ads.txt情報を入力しましょう。TXT情報はダウンロードしたファイルを選択すると確認できます。

広告システム広告システムには「google.com」を入力します。
サイト運営者IDサイト運営者IDには、接頭辞「pub-」と 16 桁の数字コードを入力します。(例:pub-1234567890123456)
※AdSenseのサイト運営者IDの確認方法は以下です。AdSense アカウントにログインします。[アカウント]をクリックします。[アカウント情報]セクションで[サイト運営者ID]欄を確認して入力します。
契約種別サイト運営者ID で指定したアカウントを直接管理している場合、「DIRECT」を選択します。
サイト運営者ID で指定したアカウントを直接管理していない 場合、「RESELLER」を選択します。
認証機関ID認証機関IDには「f08c47fec0942fa0」を入力します。

確認画面へ進み問題がなければ登録を行います。下記画面が表示されれば完了です。

修正したい場合は設定一覧から編集することも可能です

ファイルマネージャーからアップロードする場合

アップロードしたいドメインを選択し、/ドメイン/public_html直下にアップロードしましょう

ダウンロードしたads.txtをアップロードします。

ファイル名の文字コードをUTF-8に変更するのを忘れず

まとめ ads.txtが表示された場合はアップロードすることによって解決します

以上がads.txtエラーが発生した時の対応です。

Googleから推奨されている設定になりますので、わすれずに変更を行うようにしましょう。

アップロードの仕方はとても簡単ですが、ファイルサーバーを直接参照する場合には、間違って別のファイルを消さないようにしましょう。

変更結果は数日〜数週間で反映されますので、待つようにしましょう

-ブログ