自社サイトの検索順位を知る方法とは?ツールで業務を効率化しよう

悩む人
自社サイトの検索順位を調べることになった。

どうやって検索順位を調べたらいいか分からない。

簡単に調べて、対策する時間を取りたいんだけど。。。

 

このようなお悩みを解決します    

 

本記事の内容

読者が記事を読むと分かること

  • 検索順位ってどうして必要なのか?
  • 検索順位を調べる方法を紹介します。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人3

Yocchin(@yocchin_mumblin

ブログを初めて1年。ブログのおかげで経理意外のことを学び、社内のシステム担当者になりました。

ブログ知識を活かし、自社HPのメンテナンスを行えるようになりコスト削減に成功しました。

 

会社のホームページは顧客を集客する為には重要な手段の一つです。

 

ホームページを作っただけで満足していませんか?

自社のサイトの検索順位を把握していないことは非常に危険です。

大事な商機を逃してしまう可能性があるので自社のサイトが今何位なのかは必ず確認するようにしましょう。

 

今回は検索順位を簡単に調べる事ができるツールを紹介します。

自社の検索順位を把握し、集客できるサイト作りを意識しましょう

 

目次

どうして検索順位が大切なのか

検索順位が低い自社サイトはほとんど社名で検索をするお客様が多いです。

名刺を貰ったり、広告を見たりして〇〇会社ってどんな会社なのだろう?と自社を調べる為にホームページを検索します。

その為、商談の意思があるお客様が自社サイトにアクセスされます。

 

検索順位が高いメリットは潜在顧客を集客できる事です。

新規顧客が増えることは売上も増える・新しい繋がりが出来ると会社にとって良いことですよね。

しかし、その潜在顧客は検索順位が上位に来ないと自社サイトを知ることすら出来ません

例えば自社が製造業だとします。とても素晴らしい技術でコストパフォーマンスが良くても、お客様が自社を知らなければ商談にもなりません。

営業が地道に外回りをしてようやく知る事が出来て初めて商談をする事ができます。

 

言い方を変えると

 

ホームページの検索順位が高ければ営業が働かなくても新規顧客流入があるという事

 

これはとてもメリットでは無いでしょうか。

果報は寝て待ってる状態で売上が上がるってこれ以上ない嬉しい状態ですよね。

 

まとめますと

検索順位が上がるということは、新規顧客流入が見込めて売上UPに繋がり、営業の機動力が上がる

メリットだらけなのでぜひとも検索順位を上げたいですよね!

 

ただし、検索順位って簡単に調べる事が出来ないのです。そこが大きなデメリットになります。

 

自社のホームページがどのようなキーワードで検索されているかご存知でしょうか?

 

検索順位を調べる為にはGoogleの検索画面で実際にキーワード検索をする必要があります。

〇〇製造 コストダウン

〇〇 品質

自社のHPにはどのようなキーワードが入っていてその検索順位って何位になっているのか?など調べる事がとても多く、手作業で行っているとかなりの労力になります

検索順位は常に変動しており、いちいち手作業で検索し情報を纏めて上司に報告するのってとっても面倒な作業です・・・・

 

それを改善する為に今回紹介する検索順位検索ツールがあります。

 

自社サイトを運営しているなら検索順位検索ツールをセットで運用しないと宝の持ち腐れになってしまうので、

新規顧客を流入したいと考えているなら必ず導入をしましょう。

 

 

自社の検索順位はRankTrackerで調べよう

今回紹介するのは、Rank Trackerというソフトです。

登録したキーワードが今何位なのかが簡単に調べる事ができます。

下図ですがGoogleでは1位 Yahooでは1位 Bingでは18位など

キーワードが同じでも検索エンジンではバラバラになったりするのが一度で簡単に検索出来たりする神ツールって呼ばれています。

自社サイト 検索ツール Ranktracker

検索順位が一目でわかる画面は見やすくて良いですね!このデータはコピペをしたりエクスポートも出来るので、上司への資料提出もとても簡単です。

検索順位を調べるのはソフトを使って簡単に。 顧客流入を狙えるサイト作りに重点を置くように心がけましょう。

RankTracker公式サイトはこちら

自社と他社のサイトを比較する事が出来る。”競合他社の研究”機能

 

競合他社の検索キーワードを調べる機能

RankTrackerには競合他社のURLを入力するだけで、自社と他社でどのキーワードが使われているのかを確認する事ができます。

つまりは相手のサイト情報が丸わかりになるんです。

サイト運営は情報戦なので、相手がどのキーワードで順位をとっているのかというのが非常に重要になります。

RankTrackerでは自社と他社でどのキーワードが一致していて、他社にしかないキーワードの表示や自社サイト特有のキーワードなどを網羅する事ができます

 

自分のサイトを手動で検索するのも大変なのに、相手のサイトまで検索して結果を教えてくれるRankTracker恐るべし・・・・

使いこなせば検索順位が強いサイトを運営することも可能ですよね!

RankTrackerの費用は?

RankTrackerは年会費が必要になります。

値段は149ドル〜です

日本円でおおよそ16,000円ですね(2021年5月調べ)

一ヶ月でおよそ1200円ほどですので 1時間かけて検索順位を調べてるのならばソフトを購入した方が断然オススメできます

  Rank Tracker Rank Tracker
商品名 PROFESSIONAL ENTERPRISE
年会費 149ドル 349ドル
機能
Professionalライセンスの内容
Enterpriseライセンスの内容
プロジェクト毎の競合他社 5社 プロジェクト毎の競合他社 10社
プロジェクトの保存(無制限) プロジェクトの保存(無制限)
SEOタスクのスケジュール SEOタスクのスケジュール
Captcha対策用の検索の専用クエリ処理システム Captcha対策用の検索の専用クエリ処理システム
クリップボードへのデータのコピー クリップボードへのデータのコピー
レポートの印刷(透かし入り) レポートの印刷
 
さらに
  レポートの保存・メール送信・スケジューリング
  .csv形式、sql形式、html形式でのデータのエクスポート

検索順位ツールが無いのとあるのとでは雲泥の差ですので、導入していない企業様はぜひ検討してみてはいかがでしょうか

RankTracker公式サイトはこちら

 

まとめ 自社サイトの検索順位を上げるにはツールは必須。 潜在顧客を見つけよう

以上が自社サイトの検索順位はなぜ把握する必要があるのか?でした。

潜在顧客を増やし、業績を上げることは会社にとっては急務だと考えます。業績が不振な現代社会だからこそ色々と出来ることは手を伸ばして頑張って行きましょう。

RankTrackerなどの検索順位ツールはホームページを作成している業者やブロガーの中では必須と言われているアイテムです。

知っているのと知らないのとでは自社は戦いの土俵にすら立てない可能性がありますのでしっかりと自社サイトの検索順位を把握して、対策を行っていきましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よっちんです。
社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。
皆さんに有益な情報を提供しています
趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる