\ 最大10%ポイントアップ! /

EcoTank EP-M476Tの実体験レビュー!年間1万円のコストカットは本当か?

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

毎月のインク代が高くて困っていませんか?プリンターのインクはすぐになくなり、頻繁に交換が必要ですよね。

インクが突然切れると、大切な印刷物がストップしてしまうし。予備のインクを常に用意しておく必要があり、これがまた経済的な負担に💦

そこで、今回はエプソンのエコタンクモデル EP-M476Tを購入しました。このエコタンク搭載プリンターは、インクが長持ちし、経済的なコストパフォーマンスを実現するから前からかなり気になってたんです!

EcoTank EP-M476Tを使えば、インクの心配をすることなく、いつでも必要な時に印刷できます。年間のインク代も大幅に削減できるので、もう高いインク代に悩む必要はありません。

目次

エプソンEcoTank EP-M476Tの実体験レビュー

買ってから気軽に印刷できるようになった

EcoTank EP-M476Tを使い始めてから、印刷に関するストレスが劇的に減少しました。

以前はインクの消耗を気にしていましたが、このプリンターではその心配がほとんどありません。印刷するたびにインク残量を気にする必要がなくなったのは、日常生活においてかなりデカい!

よっちん

昔はいざ印刷しようとしたときにトナーが切れてたりしてイライラしてましたが今では快適♪

インクの補充が超簡単

エコタンクモデルのインク補充は驚くほど簡単です。

まずは、画面からインク交換を選択しておきましょう。その後、インク差込口にセットするだけで自然に満タンまで補充されます。

スマホとのQR接続の簡便さも快適

スマホとの接続がカンタン

また、EP-M476Tのもう一つの便利な機能は、スマホとの簡単なQR接続です。専用アプリを使用すれば、スマホから直接印刷することができ、非常に便利です。

これにより、PCを立ち上げることなく、すぐに必要な文書や写真を印刷できるようになりました。

よっちん

ちょっとしたメールの添付データもスマホから簡単に印刷できるから便利!

エプソンEcoTank EP-M476Tのメリット

インクの持続性と経済性

ケタ違いの低印刷コスト&大容量

EcoTankシリーズの大きな特長は、その経済性です。特にEP-M476Tはインクの持続性が非常に高く、一度のインク充填で約4500枚印刷することが可能です。これにより、年間のインク代が大幅に削減され、家計にもやさしいです。

よっちん

一枚当たり0.2円と超コスパが良い!

インク残量が目視で確認できる利便性

EP-M476Tのインクタンクは透明で、インク残量が一目で確認可能です。これにより、いきなりインクが切れてしまう心配がなくなります。

インク残量の視覚的確認は、ユーザーにとって非常に便利で、インク管理の手間を軽減します。

エプソンEcoTank EP-M476Tのデメリット

給紙トレイの配置とデザイン

EP-M476Tは給紙トレイが背面にのみ配置されているため、設置場所によっては給紙が少々不便に感じることがあります。フロントからの給紙トレイもあれば、より使い勝手が向上するので良かったのですが…

また、背面の給紙トレイは、100枚程度セット出来るのですが、大量の紙を一度にセットできないこともあり、頻繁な紙の追加が必要になる場合があります。

初期投資の高さと色の選択肢

EcoTankシリーズは、他のインクジェットプリンターに比べ初期投資が高い傾向があります。このため、購入を検討しているユーザーは初期コストに注意が必要です。

EP-M476Tは白色オンリーと色の選択肢が限られており、デザイン面での選択の幅が狭いため、使用環境や好みによっては適さない場合もあります。

よっちん

出来れば黒色が欲しかった・・・!

エプソンEcoTank EP-M476Tをオススメな人

年間で多量の印刷を行うユーザー

EcoTank EP-M476Tはインクの持続性に優れているため、年間で大量の印刷を行うユーザーに最適です。多く印刷するほど、インクのコスト削減が顕著になります。

ビジネス用途や家庭での多用途使用(例:学生の課題、趣味の写真印刷など)で、頻繁に印刷する方には特に適しています。

インクの長持ちする特性は、インクの交換頻度を減らし、時間とコストの節約につながります。

エプソンEcoTank EP-M476Tをオススメしない人

ほとんど印刷を行わないユーザー

EP-M476Tは初期投資が高めなので、印刷頻度が低いユーザーにはコスト効果が低くなる可能性があります。たまにしか印刷しない場合、より低価格のプリンターの方が経済的かもしれません。

非常に少ない印刷需要に対して、高性能なEP-M476Tを利用することは、その能力を十分に活用できないため、コストパフォーマンスが落ちます。

初期コストの高さを考えると、印刷の必要性が少ない個人や家庭では、もっとシンプルで安価なモデルの方が適切かもしれません。

エプソンEcoTank EP-M476Tの購入を考えている人へのアドバイス

コンパクトなサイズと使い勝手の良さ

EcoTank EP-M476Tは、限られたスペースにもフィットするコンパクトなデザインを持っています。小さなオフィスや家庭のスペースにも簡単に置けるため、場所を取らずに設置できるのが大きな利点です。

また操作が直感的で、設定も簡単です。初心者でも無駄なく使用できるように、基本的な機能がシンプルにまとめられています。

初心者向けのエントリーモデルとしての適性

EP-M476Tは、プリンター初心者や技術的な知識が限られているユーザーに最適です。煩わしいインク交換の手間が少なく、日常的な印刷ニーズに対応できます。

EP-M476TはEcoTankシリーズの中でも手頃な価格で提供されているため、高性能なプリンターを初めて使用する人にもおすすめです。

コストパフォーマンスの高さもGOOD

初期投資は高いかもしれませんが、長期的に見ると、インクの持続性により、継続的なコスト削減が見込めます。

インクのコストパフォーマンスが高く、特に定期的に多くの印刷を行うユーザーにとって、長期的に見れば経済的な選択になります。

よくある質問

色の入れ間違いでインクが混ざることはありますか?

いいえ。投入口は形状が違うため、同一色でないとセットすることは出来ません。

インク残量の視認性は良いですか?

はい。外部から一目で確認することが出来るので安心です。

まとめ

EcoTank EP-M476Tは、その経済性と利便性で多くのユーザーの印刷ニーズに応える優れたプリンターです。コンパクトなサイズと使い勝手の良さは、家庭や小さなオフィス環境に最適。

長持ちするインクとコスト削減の可能性は、頻繁に印刷する方にとって大きな魅力となるでしょう。一方で、印刷頻度が低い方や初期投資の高さに懸念がある方には、他のモデルの検討もおすすめします。

このプリンターは、特に印刷コストを抑えたいビジネスユーザーや、家庭での多用途使用に適しています。EcoTank EP-M476Tに関心がある方は、以下のリンクから詳細を確認し、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次