\ 最大10%ポイントアップ! /

新1万円札の顔!渋沢栄一ってどんな人?その偉業と意外な素顔に迫る!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

2024年からお札の顔が一新され、新1万円札には「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一が登場します。でも、「名前は聞いたことあるけど、実際どんな人?」と思う方も多いのではないでしょうか?

今回は、新1万円札の顔となる渋沢栄一の功績や出身地はもちろん、意外な一面もご紹介します!

目次

新一万円札の発行は、2024年7月3日から開始!

新1万円札の発行は2024年7月3日から開始されます。 2024年前半 を予定しています。 いよいよ来年、私たちの手元に新しいお札が届きます。

単なる通貨の切り替えにとどまらず、日本の未来について改めて考える貴重な機会として、新札発行の日を心待ちにしたいですね。

次は渋沢栄一さんの過去の武勇伝を紹介していきます。

“日本の資本主義の父” だけど… 実は武士出身?!

渋沢栄一は、1840年、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で裕福な農家の家に生まれました。

当時としては珍しく、幼い頃から学問に励み、尊王攘夷思想に傾倒していきます。一時は高崎城乗っ取りを企てるなど、過激な一面もありました。

その後、徳川慶喜に仕え、パリ万博にも同行。ヨーロッパで資本主義経済に触れたことが、彼の人生を大きく変えることになります。

銀行、鉄道、ガス…!? 500社以上の企業設立に関わった!

帰国後、栄一は政府から出仕を要請されます。大蔵省に入省し、日本の近代化に貢献しますが、官僚の道ではなく、実業家としての道を歩むことを決意します。

そして、株式会社制度を取り入れた「第一国立銀行(現在のみずほ銀行)」の設立を皮切りに、鉄道、ガス、紡績、製紙、ビールなど、様々な分野で500以上の企業設立に関わりました。

そう、ビール! 実はあのサッポロビールも栄一が関わった企業の一つなんです。2024年の新1万円札発行を記念して、「サッポロビール 渋沢栄一モデル」が発売されるほど、深い関係性があるんですよ。

Yahoo!ショッピング引用

価格:4,988円送料無料でした >>>リンク

一体どんな会社を興したのか、その一部を見てみましょう。

分野会社名現在の社名/その後企業コラム
金融第一国立銀行みずほ銀行サイト
東京貯蓄銀行りそな銀行サイト
鉄道日本鉄道会社JR東日本、JR貨物などの前身サイト
海運共同運輸会社日本郵船サイト
ガス東京瓦斯東京ガスサイト
紡績大阪紡績会社東洋紡サイト
製紙王子製紙日本製紙グループサイト
ビール日本麦酒醸造会社サッポロビールサイト
その他東京海上保険会社東京海上日動火災保険サイト
帝国ホテル帝国ホテルサイト
キリンビールキリンホールディングスサイト

まさに「会社設立マニア」! これらの功績から「日本資本主義の父」と呼ばれるようになり、現代の日本経済の基礎を築いた人物として、多大な尊敬を集めています。

よっちん

どのサイトも渋沢栄一さんの特設ページが設置されているほどでした!さすが創業者ですね!

渋沢栄一は生涯で500社近い企業の設立や経営に関わったと言われています。

そのため、彼に関する書籍は数多く出版されており、伝記や評伝、研究書、ビジネス書など、様々なジャンルがあります。特に、近年はNHK大河ドラマ「青天を衝け」の影響もあり、渋沢栄一に関する書籍への関心が高まっています。

渋沢栄一の考え方や行動は、今日のビジネスにも通じるものが多く、彼の著書や関連書籍を読むことで、ビジネスパーソンとして成長するためのヒントを得ることができます。

例えば、以下のような書籍がおすすめです。

  • 『論語と算盤』渋沢栄一 (著)

    渋沢栄一の代表的な著書であり、彼の思想の根幹をなす「道徳経済合一説」について解説されています。
著:渋沢栄一, 翻訳:守屋淳
¥825 (2024/06/25 14:09時点 | Amazon調べ)
  • 『渋沢栄一 100の訓言』渋沢栄一 (著)

    渋沢栄一の言葉を集めた本で、ビジネスや人生において大切なことを教えてくれます。
  • 『渋沢栄一に学ぶ「日本資本主義の父」が語ったこと』渋沢雅英 (著)

    渋沢栄一の玄孫である渋沢雅英氏が、渋沢栄一の生涯や思想についてわかりやすく解説しています。

これらの書籍以外にも、多くの渋沢栄一関連書籍がありますので、ぜひ書店や図書館で手に取ってみてください。

実業家だけじゃない! 教育・福祉にも熱心に貢献

「利益ばかり追求するのではなく、社会に貢献する道徳的な経済活動」を理念としていた栄一。その言葉通り、彼は実業だけでなく、教育や福祉にも力を注ぎました。

例えば、日本初の女子教育機関の一つである「日本女子大学」や、視覚障害者のための学校「東京盲唖学校」の設立にも携わりました。

また、寄付や社会事業にも熱心に取り組み、その功績は現代にも受け継がれています。

意外な一面も?! 茶目っ気あふれる”おじいちゃん”

偉大な功績を残した渋沢栄一ですが、実はお茶目でユーモアあふれる人物としても知られていました。

晩年は「日本のおじいさん」として国民から親しまれ、子どもたちと遊んだり、冗談を言って周囲を笑わせたりしていたそうです。

2024年、新1万円札で現代によみがえる! – 過去のお札の顔ぶれは?

2024年、渋沢栄一は新1万円札の顔として現代によみがえります。ところで、過去には誰が日本の顔としてお札に採用されていたか、覚えていますか?

金額人物主な功績・業績発行開始
一万円札聖徳太子冠位十二階、十七条憲法1958年
伊藤博文初代内閣総理大臣、大日本帝国憲法の制定1963年
福澤諭吉慶應義塾の創設者、『学問のすゝめ』著者1984年
五千円札聖徳太子冠位十二階、十七条憲法1957年
新渡戸稲造教育者、思想家、『武士道』著者1984年
樋口一葉小説家、『たけくらべ』『にごりえ』著者2004年
千円札聖徳太子冠位十二階、十七条憲法1950年
伊藤博文初代内閣総理大臣、大日本帝国憲法の制定1963年
夏目漱石小説家、『吾輩は猫である』『こゝろ』著者1984年
野口英世細菌学者、黄熱病の研究2004年

新1万円札だけじゃない! 新紙幣のデザインにも注目!

渋沢栄一の肖像画とともに注目したいのが、新1万円札のデザインです。裏面には、東京駅の丸の内駅舎が採用されました。

東京駅丸の内駅舎といえば、辰野金吾によって設計され、1914年に完成した、レンガ造りの壮麗な建築物。国の重要文化財にも指定されており、まさに日本の近代化を象徴する建造物と言えるでしょう。

実は、この東京駅丸の内駅舎の建設にも、渋沢栄一は深く関わっていたと言われています。当時の東京駅は、鉄道事業の進展に伴い、より多くの乗客を収容できる駅舎が必要とされていました。そこで、栄一は、民間企業の力を結集し、資金調達や建設事業の推進に尽力したのです。

新1万円札のデザインには、日本の近代化を牽引した渋沢栄一と、その象徴とも言える東京駅丸の内駅舎が描かれることになります。それは、まさに日本の歴史と未来を繋ぐ、希望に満ちたメッセージと言えるのではないでしょうか。

よっちん

今の日本の根幹を作った人だね・・・すげー人だ・・・

私たちも未来の”渋沢栄一”になれる!

渋沢栄一は、決して特別な存在ではありません。彼もまた、激動の時代を懸命に生き抜き、試行錯誤しながら道を切り開いていった、一人の人間でした。

彼の生き方から学ぶべきことは、どんな困難に直面しても、諦めずに挑戦し続けることの大切さ、そして、社会に貢献するという強い意志を持ち続けることの尊さではないでしょうか。

私たち一人ひとりが、彼の想いを胸に、それぞれの場所で、それぞれの方法で、未来に向かって歩みを進めていく。

2024年、新1万円札が circulation に入るその時に、私たちはどんな未来を創造しているのでしょうか? それは、未来の私たち自身に託されています。

深谷だけじゃない!ゆかりの地を巡る旅へ

新1万円札の発行を機に、渋沢栄一の功績や人物像に触れ、もっと深く知りたいと感じた人もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ゆかりの地を巡る旅です。

彼の出身地である埼玉県深谷市には、「渋沢栄一記念館」があり、幼少期のエピソードや功績を詳しく知ることができます。

また、東京都北区の「飛鳥山公園」内にある「渋沢史料館」には、栄一が愛用した品々や貴重な資料が展示されています。

さらに、彼が創設に関わった企業や学校の多くは、今もなお日本の発展を支えています。

これらの場所を訪れることで、単なる歴史上の人物としてではなく、私たちと同じ時代を生きた「一人の人間としての渋沢栄一」をより身近に感じることができるでしょう。

さあ、新1万円札と共に、新しい時代へ!

2024年、新1万円札の発行は、私たちにとって単なる通貨の切り替えにとどまらず、日本の未来について改めて考える貴重な機会となるはずです。

渋沢栄一の生き方、功績、そして彼が私たちに残してくれたメッセージは、きっと、これからの時代を生き抜くためのヒントを与えてくれるでしょう。

新1万円札を手に取る時、私たちはどんな未来を思い描くのでしょうか?

「道徳経済合一説」を掲げ、社会との調和を重んじた渋沢栄一のように、私たちもまた、未来への責任を自覚し、より良い社会を創造していく必要があるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次