Apple ガジェット

【ParallelsDesktop】MacでWindows11を動かす方法とは?【M1対応】

Macユーザー

「Macbookを使っているんだけど、動かないアプリがあるからWindowsを使いたい…。

でもパソコン2台持ちって持ち運びも大変だしどうすれば…。」

このような疑問にこたえます。

本記事の内容

MacでもWindowsを起動することができる「ParallelsDesktop」を紹介します

ParallelsDesktopのインストール方法について解説

料金プランについて解説

この記事を書いた人

この記事を書いた人1

Yocchin(@blog_lab_

よっちんブログを運営している副業サラリーマンです。

副業でプラスアルファの生活をするための情報発信を行なっています

Macに変えたけどソフトが動かない。
Windowsアプリを使いたい。
Macはできるゲームが少ない。
Windows版Steamを動かしたい

Macを購入したけど、色々アプリが使えなくて困ってる💦

こんな経験されたことありませんか?

MacってWindowsと比べて対応しているアプリが少なくて起動できないって問題が少なからずあるんですよね。

でもだからと言ってWindowsに買い戻したくない!

そんな方のニーズに応えるアプリが「ParallelsDesktop」です

この様にMac上でWindowsを直接動かすことができるアプリケーションとなっています。

Macを動かしながらWindowsの切り替えが簡単なので、まるで2台のパソコンを操作している様な感覚になりますよね

本記事ではMacでWindowsを動かす方法について紹介します。

無料で体験する事も可能ですので、ひとつずつメリットを説明していきますね

MacでWindowsを使えるPalallelsDesktopのメリットは?

MacでWindowsを動かせるParallelsDesktopとは?

Macで使う事ができないソフトやプラグイン、internetエクスプローラーやMicrosoftEdge・ゲームを起動できるソフトウェアです。

MacとWindowsの間で、フォルダやデータを共有したり、画像やテキストのコピーや貼り付け、ファイルのドラッグ&ドロップなどがシームレスに行う事ができるソフトです。

よっちん

この様に、直接Windowsにドラッグ&ドロップできるので二刀流が捗りますね

Macbookで最新版Windows11が起動できる

Macで最新版Windows11を起動することができる

「ParallelsDesktop」では最新版のWindows11を起動することも可能です。

最新のOSを使いたい!ガジェットが好きだ!って方もParallelsDesktopを使うことで

MacとWindowsの最新版OSを触り尽くすことが出来ますね!

Win版よりも安い!? Parallels Desktopの値段とは

プラン家庭及び学生開発者、テスター、パワーユーザー職場環境向け
月額プラン8345円 / 年9818円9818円
買い切りプラン9818円なしなし
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る

家庭および学生向けで使うのであれば8345円 / 年から購入することができます。

ParallelsDesktop は日々バージョンアップをされており、バッテリー消費の節約や新しい機能などがどんどん追加されていきます。

よっちん

個人的には買い切りプランです。 常に最新のソフトに切り替える必要もありませんし、必要になれば買い換えるという選択しも有りです!

チェックポイント

PC2台持ちから解放!

買い切りプランがオススメ!

バージョンアップで使い心地改善

M1 MacでもWindowsが利用できる。

仮想デスクトップでWindowsとMacの二刀流も可能

私の使い方は仮想デスクトップを増やしてMacとWindowsを切り替えて使っています。

この様にMacとWindowsを切り替えもMacなら4本指のスワイプで簡単切り替え

快適に切り替えることが出来るのでストレスなしでWindowsを使うことが出来ます。

よっちん

シームレスな切り替えができる。

これがParallels Desktopの大きな利点ですね!

Parallels Desktopのインストール方法について

ここからはParallelsDesktopのインストール方法について解説します。

公式サイトで「ParallelsDesktop」をインストールします

下記バナーリンクから公式サイトにアクセスしましょう

今すぐ購入ボタンを選択し、新規ライセンスを選択します

手順2:今すぐ購入ボタンを選択し、新規ライセンスを選択します

公式サイトにアクセスし、【今すぐ購入】ボタンを選択し、【新規ライセンス】を登録しましょう

よっちん

トライアル版で一回使ってみるのもアリですけど、その後の販促メールがひっきりなしにくるのでめんどくさかったですね…笑

購入するプランを選択しましょう

ここでは、ParallelsDesktopの購入プランを選択しましょう。

買い切りプランだと、1年ごとの更新費用は発生しませんのでヘビーな使い方をしない方は

「Parallels Desktop 家庭および学生向け」を選択するといいですね。

詳細な購入情報を入力します。

プランを選択するとさらに詳細情報の画面が表示されます。

初期画面では1年間のサブスクリプションを購入する様になっているので、単発購入をしたい方は単発購入をクリックしましょう。

そして購入情報である、氏名やメールアドレス、お支払い方法について入力を行います。

詳細な購入情報を入力します。

購入画面にアプリのダウンロードとプロダクトキーが表示されます。

注文が完了するとプロダクトキーとともにダウンロードサイトが表示されるので、アプリをダウンロードし、インストールしましょう

プロダクトキーも後ほど利用しますので忘れずにコピーしておきましょう。

よっちん

間違えて画面を閉じてしまった人もメールが届いているのでそちらを確認すれば問題ありません。

Parallels Desktopのインストールについて

M1MacでParallels Desktopをインストールした場合は、ダウンロードしたアプリをインストールすると図のような画面が表示されます。

M1MacにはWindowsのOSが入っていないのでインストールの警告が表示されます。

新規作成を選択し次へ進みます。

M1MacにWindowsを導入する場合はARMベースのOSが必要になります。
ARMファイルをダウンロードするには「ARM InsiderPreview」に参加する必要があります

ARM InsiderPreviewの参加方法について

Parallelsインストール画面で上図からARM InsiderPreviewサイトへアクセスしましょう。

こちらからでもアクセス出来ますhttps://kb.parallels.com/en/125375?language=jp

Windows Insider Programへの登録を行います

「Register for the Windows Insider Program」を選択しましょう。

Windowsアカウントのサインインを求められますのでログインを行いましょう。

ログインすると上図のInsider Programへの登録同意画面が表示されます。

同意ボタンにチェックを入れて「Register now」を選択しましょう。

Welcome to the Windows Insider Programという表示がされればプログラムへの参加は完了です。

Windows on ARM Insider Previewをダウンロードしましょう

プログラムの参加が終われば次はARMをダウンロードしましょう。

先程の画面に戻りinstallation file を選択しましょう。

Windows Insider Previewダウンロード画面でファイルをダウンロードしましょう。

赤枠を選択するとダウンロードが開始されます。

よっちん

今回私はWindows11のInsider Previewを選択しました。

Insider PreviewをParallels Desktopへインストールする

先程のParallels Desktopの画面へ戻ります。

続行を選択しましょう。 次の画面へ進みます。

インストールアシスタント画面でインストールするOSを求められるので、「赤枠のDVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択します。

ARMインストールイメージを選択しましょう

先ほどダウンロードしたARMファイルがインストールされているので選択して続行しましょう。

Parallelsdesktopでの主な用途を選択します

主な用途を聞かれます。

下に行くほどリソースが必要になります。 パソコンのスペックと相談し、選びましょう。

私は業務用ツールを選択しました!

名前と保存先を設定しましょう

保存場所は標準でも問題ありませんのでそのまま「作成」で次に進みインストールを開始します。

Windows11ARM版インストール画面

インストール中です。

終了するまで待ちましょう!

インストールが完了しましたと表示されれば終了です。

インストールが完了しましたと表示されれば終了です。

クリックして先に進みましょう

これでMacでWindowsを利用することができる様になりました。

よっちん

M1 MacではARMというOSソフトをインストールする手間が必要です。

今後のMacはM1チップが搭載されたパソコンが主流となってくるので覚えておくと良いですね。

まとめ【ParallelsDesktop】MacでWindowsを動かす方法とは?【M1対応】

以上がParallelsDesktopでWindowsを起動させる方法でした。

ParallelsDesktopを利用することでMacを使いながらWindowsで利用したいソフトを使うことが出来ます。

切り替えもスムーズに行うことが出来るので両方のパソコンを使いたいと思っている方にはとてもお勧めできるアプリケーションだと感じました。

ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか

-Apple, ガジェット