【無料あり】経理部がおすすめする法人向けクラウド会計ソフト3社

オススメのクラウド会計ソフトが知りたい方向け。

2024年から始まる電子帳簿保存法需要でクラウド会計ソフトの需要が高まってきていますが、それと同時にクラウド会計ソフトの種類も増えてきて、もうどれを選べばいいか分からない状態になっていますよね…。

そんな中で、今回は「トップシェア3社だけ」クラウド会計ソフトをご紹介します。

どれを選べばいいかという比較もふまえてオススメ3社の解説です。

目次

会計ソフトで失敗しない選び方

会計ソフトを選ぶうえで間違えない選び方は、いかに簡単に、正確に仕分けを切ることが出来るかです。

会計ソフトを選定する際には、

「いかに速く、正確に仕分けを切ることが出来るか」

を意識して選びましょう。

例えば、飲食での仕分けです。取引先との会食で支払った費用は「接待交際費」に計上されますが、実は一人5000円以下の飲食は「会議費」になります。

このように勘定科目を理解する必要がありますが、一つ一つ覚えるのは大変なので、だれでも簡単に仕分けが切れる会計ソフトを選びましょう。

クラウド会計ソフト3社を比較してみました



freee


マネーフォワード クラウド確定申告

やよいの青色申告オンライン
スマホ対応   
取引入力のみ
レシート写真取り込み 
有り
 
有り
 
有り
口座・クレジット連携 
有り
 
有り
 
有り
電子帳簿保存法 
有り
 
有り
 
有り
インボイス制度
(適格請求書)

2023年秋までに対応予定

2023年秋までに対応予定

Misocaと連携で対応
最安プラン料金 
月額:1,980円〜
年間:23,760円~
 
月額:2,980円
年間:35,760円
 
年間:30,000円
※初年度は無料
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る
よっちん

会計ソフトって、昔は勘定科目を覚えて適切な仕分けを行わないといけないので難しいってイメージですが、クラウド会計ソフトならAIが自動的に仕分けを設定してくれます。

初心者でも速く確実に仕分けを切ることができるのでオススメできるんです!

ここからは実際に人気の会計ソフト3選をランキングでまとめてみました!

freee会計

特徴
  • シェアNo.1のオンライン会計ソフト
  • スマホに完全対応
  • 全国3,630の銀行クレジット会社と連動
freeeカードオリジナル特典
  • 「クラウド会計ソフトfreee会計」2,000円分ディスカウントクーポン
  • 事業者向け通販サイト「モノタロウ」の10%割引クーポンを提供
  • kagu.jp 新品オフィス家具を割引価格でご提供
  • ハイパー 人気プリンター、プロジェクター等のオフィス機器を特別価格で提供

\オリジナル特典が魅力/

freee会計はクラウド会計シェア調査でNo1をとっているアプリです。
利用者が多く、さまざまなビックデータを取り扱っているので初心者でも適正な自動仕分けが可能になります。

スマホ”に完全対応
 -スマートフォン・タブレット専用アプリを用意。
 -領収書の管理〜会計仕訳までスマホで完結させることが可能です。

会計・簿記の知識がいらない 初心者でも安心
 -銀行・クレジットカードと連携して自動処理

※更新情報(2022年7月15日):なんと0円コースがあります
freee会計は1か月間の無料体験があるとの情報をいただきました。無料体験ではすべての機能が開放され、クラウド会計の運法方法などの基礎を学べるようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
» freee会計を無料で始めるならこちら

マネーフォワード確定申告クラウド

特徴
  • 自動連携数国内No1
  • スマホに完全対応
  • AI自動学習対応
登録後の特典 サクセスパック
  • ビジネス・ゴールドカード年会費36,300円(税込)が初年度無料
  • ZOOM プラン利用料金が初年度20%割引
  • Google Workspace 利用料金が初年度最大20%割引

【自動入力で経理がラクに。自動連携数も国内No1※】
銀行やクレジットカードの連携で、会計処理や経理が大幅にラクになります。
また、連携可能な銀行やクレジットカードなどの金融関連サービス数は国内No1の3,600以上。最も幅広く自動入力をご利用いただけるクラウド会計ソフトです。
※2019年4月末日時点。マネーフォワード調べ

【人工知能・機械学習(AI)で、使うほど学習、賢く便利に】
人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。マネーフォワード クラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどん楽になります。

※更新情報(2022年7月15日):なんと0円コースがあります
マネーフォワードクラウド会計は1か月間の無料体験があるとの情報をいただきました。無料体験ではすべての機能が開放され、クラウド会計の運法方法などの基礎を学べるようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
» MoneyFowardクラウド会計を無料で始めるならこちら

弥生会計オンライン

特徴
  • 日々の取引入力も、確定申告も、これひとつでOK
  • 安さを求めるなら弥生会計
特典
  • 初年度利用料金が無料

\1年間無料が魅力/

弥生会計オンラインの良いところは、初年度が無償で利用できるところです。

「オンライン会計ってどんな感じなのかな?」って触ってみたい方も1年間じっくり使うことが出来るので
会計ソフトの使い方を学ぶことが出来ます。

経理部の私がオススメしたい一押しサービスはfreee会計です!

今回のオンライン会計ソフトサービスの中でも何を使えばいいか分からない。

そんな方には「freee会計」をオススメします。

ユーザーインターフェースがしっかりしているので、見やすく分かりやすい為、初心者でも迷わない。

マネーフォワードと悩むところでしたが、人気No.1のfreeeを使ってみて気に入らない部分が無かったので満足でした。
スマホがあれば、お店でレシートをもらった瞬間、OCRスキャン。
これだけですぐに仕分けを記帳することが出来るので、まず忘れません。

freeeは電子帳簿保存法にも完全対応

領収書や請求書は7年間の保管義務がある。

freeeは電子帳簿保存法にも完全対応。
受け取ったはレシートや請求書は紙では7年保管するのが決まりでしたが、電子帳簿保存法に対応しているFreeeならスマホでスキャンするだけ。

保存したデータはクラウドに保管されるので、個人で保管する必要もありません!

2021年12月6日に政府・与党が公開した情報により、2022年1月の改正では電子取引における電子データ保存の義務化の予定が、2年間の猶予期間を設けることになり、令和4年の税制改正大綱に盛り込まれる予定となります。

今からクラウド会計を始めるなら電子帳簿保存法にも対応しているサービスを選んで会計処理を行うようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次