仕事

【便利】Apple pencil と Excel の相性は最高。 iPadで仕事の効率を向上させる方法【レビュー】

2020年2月8日

 

悩む人
iPadやApple Pencilを使って業務改善したいんだけど、エクセルでのiPadの使い心地がわからない。

動画で詳細が分かれば購入するきっかけになるんだけど・・・・

 

このようなお悩みを解決します    

 

本記事の内容

読者が記事を読むと分かること

  • Apple Pencilを使ったエクセルでの使い心地がわかります
  • Apple Pencilのさまざまな便利機能の紹介
  • MacでApple Pencilを使う裏技

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人1

Yocchin(@yocchin_mumblin

ブログを初めて1年。ブログのおかげで経理意外のことを学び、社内のシステム担当者になりました。

よっちんぶろぐを開設し、業務改善や副業を頑張るサラリーマンに向けて情報発信を行っています。

 

近年ではペーパーレス化が企業で推進されており、タブレットを導入する企業も増えてきました。

パソコンとは違いタブレットは直感的な操作ができることからプレゼンテーションを主に業務の中に溶け込みつつあります。

 

その中で、アップルペンシルが大きく注目されるようになりました。

まるで紙に書いているような描き心地

このような書き込みがSNSで拡散するようになりアップルペンシルの魅力が一気に世の中に広まりました。

 

今回はApple Pencilを使った業務効率について紹介したいと思います。

 

アップルペンシルを利用してみたいと思った方にもわかるように動画を付けていますのでご覧ください
よっちん

 

結論 ApplePencilは仕事で使うのに最高の書き心地

iPadにあってパソコンに無い物。

それはApple Pencilです。

 

Apple Pencilを使うことによって自分のやりたいように仕事ができるようになります。

Excelデータのチェックの際に、データに吹き出し図を使って作業されてた事ありませんか?

チェック欄が多かったらとても手間ですよね。Apple Pencilならそれが手書きで可能になります

ApplePencilはイラストを書くためのペンだけではありません。業務効率化に直結できるペンとなります 

みなさんは吹き出し図形を使ってエクセルの修正をしたことありませんか?

 

 

Excelの吹き出しで修正項目を書き出したことは

多くの方がされているのでは無いでしょうか。

 コメントの位置を調整したりなど非常に手間ですよね

 

apple pencil を利用すればもっと便利に!

スタイラスで自由自在に編集が可能になるんです

書き心地は紙の上にペンを走らせているかのように滑らかに書ける

一度Apple Pencilを書いてみると安いペンには戻れないですね

iPadでExcelを利用するためにはOFFICE 365が必要

まずiPadでExcelを利用するためにはOFFICE365が必要になります。

OFFICE365はクラウドストレージを利用し、データを共有することができるのでとても便利です

外出時 iPad でデータを作成し、帰宅後パソコンで打ち込む

など、データ連携がめちゃくちゃ便利なので一度使い始めると辞めれませんねw

iPad でもマウスが使えるのでパソコンと同じ使用感が可能に

 

 

iPadって指で操作するだけではなくてマウスも使えるんです

iPad OS 13.1 以降 マウスの使用が可能となりました。

エクセル使うならマウスが無いと始まりませんよね。 

 

このアップデートのおかげでiPadはパソコンにより近い存在になりました。

簡単な作業に関してはもうiPadで処理出来ます

Bluetooth対応のマウス・キーボードなら接続可能

ipadとマウスとキーボード

iPadはMajic mouseやMajic keyboardも接続OK

Apple製品でマウスとキーボードを統一するとやっぱりカッコいい

Bluetoothでまとめると無線なので配線がごちゃごちゃせずにすっきりしたデスク周りになりますね

 

 

 

 

 

 

ペーパーレス化にも!?ExcelでのApple Pencilの実力は?

修正箇所を印刷して手書きで書き直していませんか?

ApplePencilを使えばそのままタブレット上に書き込めるので印刷が不要になります

ペーパーレスにも貢献できるのに加え、印刷する労力も不要になるのでコストパフォーマンスがめちゃくちゃ良くなりました。

表示画面はPC版Excelと大差ありません。

ピポットテーブルやマクロの作成などは出来ませんがグラフの作成など簡単な作業はiPadで可能です。

Apple Pencilの使い心地はすごく良いです。

iPadで入力したデータを会社のEXCEL2010等の古いバージョンで読み込んだとしても図形としてバッチリ表示されますので旧バージョンとの互換性も問題ありません。

しかし、カラフルマーカーは古いエクセルでは対応していませんので注意が必要ですね。

よっちん
上の動画、パソコンで作成したExcelをOne Drive経由でiPadで表示、編集しています。

クラウド上でデータやりとりができるので仕事の効率化にも繋がります

 

 

Excelでカメラが取れる

ipadのexcelはカメラを起動してすぐ貼り付けが可能

Excelメニューの挿入よりカメラが起動できます。

写真を撮る事ですぐに資料をまとめることが出来るので大幅な作業短縮になります

ポイント

・デジカメで撮る→SDカード保存→パソコンに保存→Excelに貼り付け

・EXCELのカメラで撮る

どっちが良いですか? 断然iPadが便利ですよね

ApplePencilを使うとiPadでメモが爆速起動できるのしってました? 

 

悩む人

iPadでメモ取るって・・・

ロック解除してアプリ選択してってしてたら

すぐメモれないじゃん・・・ 意味なくない?

 

 

タブレットでメモを取る最大のデメリットが起動の遅さです

メモを取るときってすぐ書けないと大事なことを書き逃しますよね。手帳ならすぐ取り出して書けるからそっちの方が楽だよねーってなりますよね。

 

すぐメモを書けるタブレット これが必須条件

 

便利な機能があるアプリはたくさんある。しかし起動最強は純正メモ

純正メモの最大のメリットは なんといっても起動の速さ

 

やり方はロック画面からApple pencilでタップするだけ

 

これだけでメモが起動します。

 

「ロック解除」⇒「アプリ選択」⇒「メモ起動」という煩わしさから解放される!

よっちん

この機能iOS11から出たんですけどアップデート以降

メモはiPadで取ってますね。iCloudでスマホやPCに連動できて

メモがどこでも見れるのですごく便利になりました。

あと付箋がいらなくなるっていうペーパーレスにも!

 

Apple Pencilを便利にする胸元にペンをしまえる便利クリップも。

Apple Pencil のデメリットがペンクリップが無いことです。

胸元にペンを刺すことが出来ないのはすごく不満なのでアマゾンでクリップを購入しましょう

第一世代のApple Pencilは床に置くとコロコロ転がるので後で公開する前に一緒に選んでおきましょう

第一世代用 私も使ってます。

第二世代

Apple Pencilに対応しているiPadたち

 

iPad

 

 

 

低価格から始められるスタンダードモデルです。A12チップはiPhoneXSと同性能とパワフルなCPUが34,800円から。

Apple Pencilはもちろん、ゲームももちろんOK

iPad入門機には最適な一台はiPadです

 

 

 

対応機種iPad 第6世代以降(2018年以降)
Applepencil第一世代 Apple Pencil
価格34,800円(税別)から

 

Amazon販売サイトへ

 

 

iPad mini

 

 

7.9インチのコンパクトサイズのiPad mini

iPhoneより大きくiPadより小さい。

手のひらに収まる感覚を体験できるのはiPad miniだけ

 

メモ帳やちょっとした読書に最適

 

もちろんA12チップとコンパクトでパワフルなiPad miniです

 

対応機種iPad mini  第5世代以降(2019年以降)
Applepencil第一世代 Apple Pencil
価格45,800円(税別)から

 

Amazon販売サイトへ

 

 

iPad Pro

ハイパフォーマンス。iPadの全てがこのなかに

A12Zチップはほぼ全てのノートパソコンより高速。

1200万画素の超広角・広角カメラのデュアルカメラによる

4K動画作成もPROなら楽々作成。

ARや動画作成をガンガンに使われる方。最新iPadを体験したい方にオススメできるパワフルモンスターです

 

 

対応機種iPad Pro  11インチ第1世代以降 12.9インチ第3世代以降
Applepencil第二世代 Apple Pencil
価格84,800円(税別)から

 

Amazon販売サイトへ

 

第一世代

第二世代

MacでもApplePencilを使う裏技紹介します。

ApplePencilはiPadだけしか使えないと思っている方。

実はMacでもApplePencilを使うことができるの知ってました?!

「SideCar」というiPadがMacのサブディスプレイになる機能が過去のアップデートで可能となりました。

ただのサブディスプレイではなく、iPad側に持ってきた画面ではタップやスワイプ、ApplePenilを利用することが可能なのです。

ですのでEXCELだけではなく、ワード、パワーポイント、IllustratorなどさまざまなアプリをApplePencilで操作することができるんです。

詳しいことは過去記事をご参考ください。

SideCar記事iPadをサブディスプレイに「Sidecar」で世界変わりました。

続きを見る

 

まとめ:iPadでも仕事は出来ます。

ビジネスでもiPadはバリバリ活用できます。excelで複雑なマクロを作成することは無理ですが簡単な資料を触ることは全然できます!

Apple Pencil を使うことによりExcelデータも直観的にわかりやすくなり、レベル高い資料の作成が可能となります。また、起動が素早いメモ起動はとっさの事態にも十分対応できるレベルです。

パソコンとiPadのデータをMicrosoft365で連携することによってスムーズな資料のやりとりが可能なのでさらに作業効率が上がることは間違いないです。

社内のペーパーレス化を目指している企業の方も導入を考えてみてはいかがでしょうか

 

よろしければ業務改善についてのまとめ記事もご参考いただき、日々の業務にアウトプットしてもらえたら幸いです。

こちらもCHECK

アップルペンシルの使い方
アップルペンシルの使い方を大公開。Macで使う裏技も

続きを見る

 

 

The following two tabs change content below.

よっちん

よっちんです。 社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。 皆さんに有益な情報を提供しています 趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

ディスプレイ記事




-仕事
-,