\ ポイント最大10倍! /

【有料級】freee会計で売掛金と買掛金を相殺して残った買掛分のみ支払う方法

売掛金と買掛金を相殺した後の金額を振込したいんだけど、freee会計で相殺って出来るの?

このような悩みを解決します。

この記事を読むと分かること
  • freee会計での相殺方法について説明します
  • 相殺後の金額のみを振り込む方法について紹介します。
  • 仕訳も自動で行えるので一石二鳥です

freeeの自動経理はとても優秀で、使いやすい!ですが、相殺となると難しくて何をすればいいか分からない。
そんな方もいるのではないでしょうか?

今回はfreee会計での相殺方法について詳しく解説をしています。

freeeでの仕訳に困っている方は是非参考にしてみてください!

目次

相殺後に買掛金が残っている場合の振込方法

買掛金と売掛金を相殺して残った買掛分のみを支払いする処理です

相殺後に、買掛金が残っている場合には残金を相手先に支払う必要があります。

収支レポートで管理するには、相殺を行う必要があるのですが、残念ながら収支レポートでは相殺をすることが出来ません。

ここでは、新たに口座に「相殺口座」を作成し売掛金、買掛金のそれぞれの取引画面の決済の箇所で相殺する金額を相殺口座に振り替えることで、相殺後の債務で総合振込を行う方法を解説します。

STEP
相殺専用口座を作成しよう

では実際に、相殺口座の作成を始めましょう!

freee会計トップ画面、上段メニューバーから 口座 ⇒ 口座の一覧・登録 ⇒ 現金・その他 ⇒ 負債の口座を登録するを選択します。

口座名は分かりやすければなんでもOKです。

ここでは「相殺口座」と記載しておきましょう。

これで専用の相殺口座作成は完了です。

STEP
対象の買掛金、売掛金項目を「相殺口座」に振替ましょう

事前に登録している相殺したい収支項目データを相殺口座に移動させる作業を行います。

よっちん

ここでは100万ー40万を相殺して60万円を振り込みたい想定でお話しますね!

まず、どちらからでもいいのですが支出項目の取引画面を開きましょう。
続いて、「+決済を登録」をクリックします。

決済を選択し、相殺口座へ出金する処理を行いましょう

出金元口座を「相殺口座」に変更し、出金額を売掛金全額と同等の金額(ここでは40万円)を記入しましょう。

決済登録画面。
出金元口座を相殺口座へ指定しましょう

先ほどと同様に収入の取引を選択します。
入金に関しては全額相殺になるので、入金額を40万円全額記入しましょう。

入金口座を相殺口座へ選択することで、お互いの相殺口座金額を消し込むことが出来ます

相殺口座の残高は常に0円になるように気を付けましょう。
0円にならない場合は適切に相殺出来ていないので調査する必要があります。

相殺口座の残高は常に0円になるようにしましょう。残高が残っている場合は相殺仕訳を間違えているので要確認です
よっちん

これで相殺処理が完了しました!

STEP
支払いレポートに戻り、残高分の振込作業を行いましょう

支払いレポートに戻ると、決済残高が相殺された残額になっているのを確認しましょう。

freeeの支払いレポート画面で、決済残高が表示されます。振込したい金額になっていれば成功です
よっちん

ちゃんと相殺されて60万円を振り込めるようになってますね!

エクセルインポートで相殺する場合

エクセルインポート機能で相殺する場合について説明しますね。

今回例として売掛金の消込を行いますね。

P列~R列の決済日・決済口座・決済金額に相殺したい金額を入力し、エクセルインポートをしましょう

エクセルインポートでの相殺画面。
P列~R列の情報を記入することで相殺口座へ振り替えることが出来ます。

これで売掛金の消込は完了です。

決済日(12月20日)に売掛金の減少が確認できましたね。

支出側でも同様に相殺金額を決済口座に振り替えることでfreee内での相殺処理が完了します。

エクセルインポート画面です。
決済情報に相殺口座への振替が出来ているのを確認できました

エクセルインポートは慣れるとめちゃくちゃ便利な機能です。

当ブログで使いやすいようにチューニングしたエクセルデータも公開していますのでよろしければこちらの記事もご参考ください。

さらにfreeeが便利になる関連商品

POSレジシステムと連携

相殺が出来るようになると、支払・受取業務が簡単になりますね。

freeeではさらに業務効率化が行えるので少し紹介させて頂きます。

POSレジが進化した、タブレットレジによる売上情報の自動取り込みできる「エアレジ」を使うことによってレジ作業がもっと簡単になりますよ!

すっごい見やすい!!!

0円から利用出来るので、コスパが最強。
タブレットがあれば即日始めることが出来ます
プリンターやドロアーも買い切りでOK。余分なオプション費用も抑えることが出来ます。

0円で気軽に試すことが出来るので、個人事業主でも導入が簡単です。

タブレットレジは、導入サポートも手厚いので実際にどんな使い心地なのかよろしければこちらの記事もご参考ください😊

freee販売

あの案件どうなっている? 

個人管理になりがちな、取引先案件管理を一元管理。それがfreee販売です。freee販売では、案件一つごとに、収支管理をすることが出来るので、実績利益を算出することが可能です。

さらに、売上や仕入情報をfreee会計と連携することで、仕訳情報を自動で取り込むことが出来ます。

エクセル管理する必要が無いので、上司視点での案件管理がめちゃくちゃ便利になるサービスです。

よっちん

月1000円程度で、案件管理が出来るからコスパも良いし、freee会計を使っているならぜひ試して欲しいサービスですね。

\ あの案件どう?って聞かなくてもOK /

10,000円ギフト券プレゼントキャンペ-ン中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次