仕事 業務効率化

freeeサインの電子契約書始め方。めんどくさいは実は嘘?簡単に既存データを変換できる凄いソフトでした。

  1. HOME >
  2. 仕事 >
  3. 業務効率化 >

freeeサインの電子契約書始め方。めんどくさいは実は嘘?簡単に既存データを変換できる凄いソフトでした。

契約書を電子化したい人

「取引先と電子契約化したいって言われたんだけどやり方が分からない💦

コストはなるべく抑えたいんだけどいいソフト無いのかな」

このような疑問にこたえます。

本記事の内容

freeeサインを利用した電子契約書のメリットを紹介

実際にfreeeサインで電子契約書の作成方法を紹介

近年電子契約書って耳にする機会が増えてきました。

電子契約とは、電子文書に電子署名することで成立する契約で、書類での契約から電子契約へ切り替えた場合、「コスト削減」「業務の効率化」など多くのメリットが見込まれます。中でも、契約締結ごとの収入印紙が不要になるのは大きな利点です。

はかせ

当記事では電子契約書のメリットについて紹介しています!

\ 無料で始める freeeサイン /

freeeサイン

印紙代が不要!

WordやPDFデータをそのまま利用OK!

✔︎ フリープラン有り
✔︎ 無料で資料請求

資料請求はコチラ

freeeサインの電子契約書のメリットとは

印紙代が不要。毎月印紙を多用する企業はオススメ!

freeeサイン で電子契約書に変更するメリットは何といっても業務の効率化や収入印紙が不要になるコスト削減が大きいことです。

収入印紙のコストは契約書に記載されている契約金額によって以下の様に変わるのですが、少額な契約でも数千円~数万円の収入印紙が必要になります。

記載の契約金額(1通また1冊につき)印紙税
10万円以下200円
10万円超 50万円以下400円
50万円超 100万円以下1,000円
100万円超 500万円以下2,000円
500万円超 1,000万円以下10,000円
1,000万円超 5,000万円以下20,000円
5,000万円超 1億円以下60,000円
1億円超 5億円以下100,000円
5億円超 10億円以下200,000円
10億円超 50億円以下400,000円
50億円超600,000円
契約金額の記載なし200円
悩む人

印紙代って結構するんですね・・・

印紙を購入するのもひと手間かかってめんどくさいので、電子契約書なら印紙が不要なのでテレワークやコロナ禍も相まって電子契約を利用されている方が増えてきていますよ!

はかせ

テレワークに完全対応!会社の印鑑は不要です

テレワークで、会社に来社する頻度が少ない近年では、なかなか契約書を締結するのも大変ですよね💦

電子契約書なら、どこからでも簡単に契約書を作成することが可能です。

テンプレートも20種類と豊富にあるので、電子契約書の作成には困りません。

従来のテンプレートがそのまま利用出来ます!

freeeサイン では会社で利用していたPDF、Word、Excel、パワーポイントなどのデータがそのまま利用可能です。

今まで使っていたテンプレートがそのまま電子契約書に変更することが出来るので、面倒な作業も大幅に削減されます。

悩む人

それは嬉しいね

freeeサインはだれでも簡単に電子契約書が作成できるように導入がすごく分かりやすくなっているんですよね!

従来のデータもそのまま利用できるので、まったく違和感なく電子契約書へ移行することが出来ますよ。

はかせ

無料で使えるフリープランがあるので、導入のお試しが出来る。

電子契約書を始めるにしても、いきなり月数万円のコストを払うって躊躇しますよね💦

freeeサイン ではフリープランがあり、実際に電子契約書の締結まで試すことが出来ます。

有料プランと同じ操作が出来るので、電子契約書を試しで試してみてそれから導入を検討することが可能です。

はかせ

freee社の良いところは、会計ソフトもそうですが、無料でほとんどの操作がトライアル出来ることです。

ですので、トライアルで納得するまで操作してみてから実際に導入出来るので安心でした!

\無料でトライアルが出来る電子契約書/

資料請求はコチラ

freeeサインの電子契約の発行方法

ここからは実際に freeeサイン の電子契約を行ってみました。

はかせ

これがfreeeサインの基本画面になります。

管理文書がどのタスクで進んでいるかも一覧で確認することが出来るのでわかりやすいですね!

実際にワードデータを準備します。

今回は適当に、ネットに転がっていた契約書を準備してみました。

はかせ

自社の名前は記入して、相手方の欄は空白にしておきましょう!

あとから追加欄を作成できるよ!

文書作成画面です

ファイルから文書を作成することが出来るので、こちらをクリックしましょう。

ファイルをアップロードしましょう。

先ほどアップロードしたデータが取り込まれました。

ここからは実際に空白にしていた欄に入力項目を設定していきます。

項目を追加しましょう。

追加する項目一覧が表示されるので、追加します。

署名欄1と署名欄2が表示されています。

署名欄1=自分
署名欄2=相手

と覚えておけばOKです。

契約書に項目欄を追加していきましょう

追加できると、追加した項目に対して入力欄が表示されます。

はかせ

追加した項目欄の情報を記入していきます。

作成した文書を送り先にメールで送信します。

文書にパスワードを付けることも出来るので、セキュリティも安心できますね。

実際に、メールを送ると相手にはfreeeサイン事務局よりメールが届きます。

届いた文書を実際に確認しましょう。

先ほど設定したパスワードを入力する画面が表示されるので、相手先にパスワードを教えるのを忘れないようにしましょう。

すると私たちが作成した契約書を相手方が確認することが出来ます。

実際に問題が無ければ、ここで署名・合意します。

電子印鑑として会社名・氏名を記載すると電子印が押印されます。

はかせ

ここからは私たちの画面に戻ります。

要確認画面に先ほど先方が押印した契約書が表示されます。

問題が無ければ終結を完了するボタンを押しましょう。

これで電子契約書の締結作業が完了です!

freeeサインなら電子契約書の締結も簡単!無料でトライアル出来るのでお試しで始めるのも有り!

いかがだったでしょうか。

freeeサイン を使うことで、契約書業務の効率化や収入印紙が不要になることでコスト削減が大幅に出来ます。

無料でトライアルや資料請求をすることが出来るので、実際に使ってみて電子契約書に慣れてみてから導入を検討することも出来るので、良ければ電子契約を体験してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

この記事を書いた人1

Yocchin(@blog_lab_

よっちんブログを運営している副業サラリーマンです。

副業でプラスアルファの生活をするための情報発信を行なっています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よっちん

よっちんです。 社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。 皆さんに有益な情報を提供しています 趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

-仕事, 業務効率化
-