仕事

ノートパソコンをデスクトップ化!仕事効率めちゃくちゃあがる方法とは??

2020年7月23日

 

ノートパソコンを使っている方。キーボードが小さくて打ちづらかったりモニターが小さくて見辛くて困っていたりして困ったこと有りませんか?

 

このような問題を「クラムシェルモード」を使うことによって解決します。

クラムシェルモードとは、簡単に説明するとノートパソコンをデスクトップパソコンのように利用することです。大型モニターや外付けキーボードを利用することによって快適な仕事環境をサポートできる素晴らしい機能です。

 

この記事を見ることによって

  • クラムシェルモードについてのメリットが分かる
  • クラムシェルモードの設定方法が分かる
  • クラムシェルモードのさらに便利になるグッズ紹介

今、職場でノートパソコンを使っている方はこの記事を見て仕事を仕方を変えるべきです。我慢してノートを使って仕事しているならそれは非効率。クラムシェルモードは低コストで導入できるので誰でも簡単に導入できるのがメリットなので、ひとつづつ見ていきましょう。

 

 

ポイント

ノートパソコンは軽く丈夫で持ち運びにも最適です。 出張先でもバリバリ仕事できるのはノートパソコンだからこそです。

 しかし、職場やテレワークなど仕事を行う分には不自由なところもあるのが事実です。

最近のノートパソコンは拡張性が非常にすぐれてきており、外部の大きなモニターやキーボードに簡単に取り付けすることができます。

デスクトップパソコンを利用されているのであれば、ノートパソコン+モニター環境で仕事のあり方がガラッと変わりますよ

 

よっちん
私も総務職で、ノートパソコンに変更しましたが、デスクトップ化をすることで業務改善を行うことができました。

 

クラムシェルモードにするメリットは

大画面モニターで仕事ができる

大型モニターで仕事をする人

ノートパソコンの主流は「A4」サイズ型と呼ばれる15インチサイズです。

デスクトップの主流は 21インチ以上から無限にモニターを選べます。

ポイント

15インチ→21インチになるだけでも作業スペースは2倍になります。

ノートでは見えづらかった文字が大きく見えるのはもちろんですが、エクセルや別の資料を合わせて見ながら作業をすることにも非常に便利になります

よっちん
最近はクラムシェルモードが主流となっており、ノートパソコンはコンパクトサイズの13インチ等が主流になってきています。

持ち運びしやすいノート、オフィスではクラムシェルモードを使い分けることにより仕事の質が向上します

 

ノートパソコンがサブモニターに早変わり

ノートパソコンがサブモニターに早変わり

1画面だと最小化しているデータを開いて、また別のデータ表示してと非常に手間ですよね。

データの切替って一日で200回以上無意識に行っているんですよ。(社内調べによる)

画面切替におよそ3秒かかるとしても毎日600秒以上は時間の無駄になってるんですね・・・

 

ノートパソコン+モニターなら合計2枚のモニターで作業することができるので、画面を切り替える作業が不要ですね。

よっちん
この作業を無駄と理解してくれて設備投資してくれた上司には感謝しています

 

キーボードとマウスを拡張して作業効率改善

よっちん
ノートパソコンを使っている人はキーボード打ちづらいやタッチパッドが使いづらいという声を多々聞きます

デスクトップパソコンに慣れている人はフルサイズのキーボードじゃないと違和感がある!というのは当たり前です。

十字キーもコンパクトで操作しずらいしページUPなど削除されているキーも多々あります。

 

その際にはUSBハブにフルサイズのキーボード・マウスを導入しましょう。 オフィス周りを快適にするために無線タイプを買うとさらにGOODですね

 

Amazonで高評価な低価格キーボード

ロジクール ワイヤレスマウス キーボード セット 無線 ワイヤレスコンボ MK275

安くて軽くて撃ちやすいとAmazonで高評価のキーボード。ロジクールの無線USBは最大6個まで1つのUSBで認識できるロジクールUNIFYINGレシーバーでUSBポートを邪魔しません

 

 

 

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

 

外部出力端子があれば問題ありません!

モニターさえあればいつでもすぐにデスクトップ化する環境が出来ます

ノートパソコンからモニターまでの距離分あれば良いだけなので、ケーブルも最小限の長さでいいのでコストも抑えられるのがGOOD!

 

HDMIケーブルは音声も外部モニターに出力できるのでオススメ!

VGAケーブルでも大丈夫!昔のパソコンでも安心ですね!

さらに快適になるUSBハブケーブル

 

 

悩む人
モニター接続で便利になるのは良いけど、キーボードやマウスとか接続した時、ケーブル外すのがめんどくさいよね

 

 

ノートパソコンをデスクトップ化にするにはUSBハブを使用すれば1本のケーブルを本体に抜き刺しするだけで何個もUSBを拡張することができるので移動時の手間も短縮できます。

USB-CハブはHDMIモニターや充電ケーブルも合わせて使用できるのでさらにデスク周りがスッキリしますね!

わたしもBUFFALO USBhub LUD-U3ーCGDを利用していますが、mac・Windowsどちらも使えてます。コンパクトでデスク周りも整理できますよ!SDカードとか拡張性が無いのがちょっとデメリットでしたね

 

 

モニターの価格はピンキリ オフィスなら特に気にしなくてOK

ノートパソコンのデスクトップ化にはモニターが必要不可欠!

モニターの発色度や反応速度などスペックは色々あるんですが、メールやExcelを職場で使うなら特に気にすることはありません。

価格重視で選んでみるのも一つの手ですね!

Amazonで高評価な低価格モニター

Amazon.co.jp 限定】Dell モニター 23.8インチ SE2416H(3年間交換保証/CIE1976 84%/広視野角/フレームレス/フルHD/IPS非光沢/HDMI,D-Sub15ピン)

 

 

 

Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ IPS 薄さ7mmのウルトラスリム ブルーライト軽減 フリッカーフリー HDMI,D-sub スピーカー VZ239HR

 

まとめ

大型モニターで仕事をする人

ノートパソコンだけでは業務効率が良くなることはありません。

しかし、優れた拡張性により、利便さが倍増しUSBハブを使用することによりデメリットを完全に消し去ることができました。

会議や出張時にはそのままノートパソコンを持っていけばいいだけなので、操作性が変わることもありません。

この2in1スタイルで仕事の効率性はグッと向上することは間違いありません。

御社のパソコンもノートパソコンをデスクトップ化に是非とも検討してみてはいかがでしょうか?

 

The following two tabs change content below.

よっちん

よっちんです。 社会人ブロガーとして会社での業務改善や効率化や生活節約情報発信。 皆さんに有益な情報を提供しています 趣味のガジェット情報やF1についても喋ってたりします

ディスプレイ記事




-仕事